• TOP
  • 芸能
  • グラビアアイドルの新たな収益源 1対1の個別撮影会が増加

芸能

2012.03.27 07:00  NEWSポストセブン

グラビアアイドルの新たな収益源 1対1の個別撮影会が増加

「アイドル撮影会」というものを知っているだろうか。屋外やスタジオなどで、私服や水着姿のアイドルを、カメラを持参した一般のファンが撮影するというイベントだ。

 少なくとも10年ほど前から行なわれており、当初は、大規模なものとなれば参加人数は30~50名に達し、2~3名のアイドルやレースクイーンを一斉に撮影する、という内容が多かった。

 それが、撮影会の増加につれ、参加人数が少数化。今、いちばん人気があるのは、アイドルに対してファンが1対1で撮影をする「個別撮影」と呼ばれる形態だという。アイドルライターが解説する。

「ここ数年で撮影会が増加した背景には、いわゆるグラビアアイドルが登場できる雑誌やバラエティ番組が少なくなり、知名度が上がらないことで写真集やDVDの発売が減少している、という事情があります。そのため、直接的な売り上げが見込める撮影会は、アイドルや彼女たちが所属するプロダクションにとっては貴重な収益源となり、頻繁に開催されるようになってきたのです」

 しかし、その結果、撮影会の希少性は薄れ、参加するファンも徐々に少なくなってきたという。

「現在の主流は、1人のアイドルに対して、5~6名前後の参加によるスタジオでの1時間程度の撮影が、参加費5000~7000円程度で行なわれる、というものですね。特に昨年あたりからは、参加人数を1名に限定した個別撮影が目立つようになってきました。当然、参加費は高くなり、1時間程度で1万~1万5000円が相場のようです。アイドルと1対1で接する機会を提供することで、撮影会の価値を上げようという狙いでしょう」(同前)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス