• TOP
  • スポーツ
  • MLBでは本拠地のデビュー戦が重要 松坂・松井はどうだった

スポーツ

2012.04.17 07:00  週刊ポスト

MLBでは本拠地のデビュー戦が重要 松坂・松井はどうだった

 ダルビッシュ有本人は「162分の1」を強調したが、6回途中まで投げ、5失点ながらも勝利投手になった彼にとっての本拠地デビュー戦は単なる1試合ではなかった。MLBアナリストの古内義明氏が、ダルビッシュのデビュー戦をリポートする。

 * * *
 ダルビッシュの大リーグ初登板は、勝利こそ記録されたものの、内容的には散々なものだった。アメリカのメディアの反応も辛辣なものだった。中継したFOXテレビは「幸運なダル」と報じ、ESPN(電子版)は、「大騒ぎするのは少し待て、ダルビッシュのデビューは残念」というコラムを掲載した。

 ダルは本拠地開幕戦について、「普通の登板の一つにすぎない」と強弁したが、過去の日本人選手のケースと重ね合わせると、単なる「162分の1」という位置付けでは決してないだろう。ホーム&アウェイが明確なメジャーでは、本拠地で鮮烈なデビューができるかどうかは、その後のプレーに大きな影響を与える。

“元祖・1億ドル男”の松坂大輔は、フェンウェイパークでのデビュー戦で0対3と黒星スタート。地元ファンを味方につけるのに時間がかかり、いまでは当たり前のようにブーイングを受ける。松井秀喜はヤンキースタジアムで、満塁本塁打デビューを飾った。後に、「あの本塁打があったからこそ、NYでプレーすることが本当に楽になった」と吐露している。

※週刊ポスト2012年4月27日号

関連記事

トピックス