ライフ

PTA役員決めの席で辞退理由「がんです」との告白でシーン

 子供を持つ女性が避けて通れないのが「PTA」という存在。4月、ママたちが憂鬱になるのが、「役員決め」だ。ほとんどスムーズにいくことのないこのイベントが、その後のママ友関係を大きく左右することになる。

「学年最初の保護者会の最後に役員決めがあるのですが、本当に針の筵。誰もやりたくないので、下を向いたままシーンと数分…。結局、いちばん気の弱い人が、その沈黙に耐えられなくなって役員を引き受けることになるんです」(中学2年生の息子をもつ40代・専業主婦)

「うちの高校では、立候補者がいなければ、最後にはくじ引き。欠席していても『○○さんの分』といってくじを引かれるので、逃れることはできません。

 一度、フルタイムで働いているお母さんがくじでいちばん大変な本部の役員にあたってしまい、電話を受けたときに泣き崩れてしまったとも聞きました」(高校2年生の娘をもつ50代・パート)

 なり手がいない場合、標的にされやすいのが専業主婦。しかし、外で働いていないとはいえ、親の介護や自らの体調など、それぞれに事情を抱えているもの。それゆえ、ときにはこんな事態を招くことも。

「“役員を断るならその理由を絶対いわないといけない”と主張するお母さんがいて、ひとりひとりに理由を聞いていきました。そんななか、『どうしてもできないんです』と理由をいいたがらないママがいて。『専業主婦なのにどうして?』と問いつめると、そのかたは目に涙を浮かべ、小さな声で『体調が悪くて…がんなんです』と。その場が一瞬凍りつき、結局、他のママが引き受けてくれました」(40代・自営業)

 ところが、「誰もやりたがらないなら、私が」と他のママたちのことを思って立候補したことが、とんだ軋轢を生んでしまう場合もあるから、ややこしい。

「役員決めの重い空気がイヤ」と、自ら手を挙げて子供の中学の役員になったAさん(40代・専業主婦)は、しばらくしてから「あの人は本当にでしゃばりで困る」「役員をやりたい人が他にたくさんいるのに、しゃしゃり出ていい気になって。何かおいしいことでもあるのかしら」などと陰口をいわれるようになってしまった。

「後で知ったのは、その噂を流した人は、実は役員がやりたかったということ。でも自分で手を挙げてというのは格好がつかないので、推薦してくれる係のような友達を立てて、その推薦で『いやいやなったけど、がんばる』みたいなシチュエーションを用意していたみたいなんです。それを私が邪魔したかっこうになったために、逆恨みされて。女同士って、本当に面倒くさいですよね」(Aさん)

※女性セブン2012年4月19日号

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン