連載・シリーズ

連載・シリーズ一覧を見る

糖尿病でダウン渡辺徹 カルボナーラなどパスタ3皿一気食い

2012.04.23 07:00

「私の努力で彼をやせさせてみせます!」  1987年10月、ウエディングドレスに身を包んだ榊原郁恵(52才)は、体重100kg超の新郎・渡辺徹(50才)の前で晴れやかにこう宣言した。  あれから25年。夫・渡辺の体は糖尿病に蝕まれ、ついにダ

「私の努力で彼をやせさせてみせます!」

 1987年10月、ウエディングドレスに身を包んだ榊原郁恵(52才)は、体重100kg超の新郎・渡辺徹(50才)の前で晴れやかにこう宣言した。

 あれから25年。夫・渡辺の体は糖尿病に蝕まれ、ついにダウン。5月10日から東京・赤坂レッドシアターで開幕する舞台『シズウェは死んだ!?』を降板することが、4月14日発表された。原因は「持病の糖尿病と過労」だった。

「郁恵ちゃんのお父さんは、心筋梗塞で53才の若さで亡くなっているんです。だから、徹ちゃんの体のことは最初から心配していました。それまで郁恵ちゃんはほとんど料理なんてしたことなかったんですが、カロリー計算と栄養バランスのとれた手料理を作れるよう勉強を始めました」(芸能関係者)

 とはいえ、体のことを心配する郁恵は口うるさくいってくるため、彼女の前ではあまり量は食べられない。しかも郁恵は旬の野菜を食べさせようと、2008年から家庭菜園を始めると、神奈川・厚木に畑を借りるまで本格的に。自家製のトマトやピーマンなどを使って夫の食事療法に励むが、そんな妻の思いが渡辺には息苦しかったのかもしれない。

 そこで渡辺は、郁恵の目の届かない、地方のテレビ局での仕事を増やすべく、自ら猛アプローチをしかけていった。

「地方に行けば、好きなだけ食べられるということなんでしょう。旅番組なんかではまんじゅうだと1度に10個も食べたり、イタリアンでは、ナポリタン、カルボナーラ、ミートソースの3皿をいっぺんに食べたり、とにかく凄い。

 大好物はマヨネーズみたいで、出されたカツ丼の上に持参したマヨネーズをたっぷりかけて食べたときにはみんな唖然としました」(渡辺の知人)

 今年結婚生活25年で銀婚式を迎えるふたり。しかし、郁恵にとってその大半は、夫のダイエットと“死を呼ぶ食事”との闘いだった。

※女性セブン2012年4月19日号

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP