芸能

シュールすぎて話題のあのCM 高須院長が制作ウラ話を披露

シュールすぎて話題のCMウラ話を明かした高須院長

 ボブ・サップ、マック赤坂、西原理恵子、そして高須克弥院長が登場する高須クリニックのテレビCMが、あまりにも“カオスすぎる”と話題だ。このCMは『スッピン!』(TBS系、毎週土曜日午後9時54分~)の中で放送されているもの。高須院長が寄せられた悩みを解決する「YES!相談室」、「目玉焼きにかけるのは醤油か塩か」や「この世でいちばん強いのは誰か」などといったテーマで語り合う「YES!討論会」など、いくつかのシリーズがあるが、基本的には出演者たちのアドリブが繰り広げられるCMとなっている。

 特に、宇宙人の格好をしたマック赤坂が登場するバージョンでは、毎回マック赤坂が大暴走。グチャグチャの状態のまま、おなじみの「高須クリニック」のジングルが流れて終了するというのが、お決まりのパターンだ。

 そんな高須クリニックのCMに、ネットユーザーたちも驚きの様子。ネット上では、

「ハンパねぇ、高須クリニックのCMに高須社長とボブサップ、そしてなんとマック赤坂!ヽ(´o`;ネオトーキョーのカオスだなぁ…( ;´Д`)」
「高須クリニックの院長とボブサップとマック赤坂が出てる高須クリニックのCMが異次元空間すぎる」
「高須クリニックのCMやばくね?自由すぎる」
「笑うこともできずに( ゜Д゜)ポカーンってなったわ」

 などの意見が飛び交っており、やはりその“ブッ飛び具合”はインパクト大のようだ。

 ちなみに、このCMは高須院長自らが企画発案しているという。高須院長はこう話す。

「全部ぶっつけ本番ですよ。その場に行って簡単な設定を決めて、じゃあそれでいこうって、そのまま収録しちゃう」

 キャスティングもまた高須院長によるものだ。

「たまたまボブ・サップが僕のところに電話をかけてきて、『何か仕事ない?』って言ってきたんだよ。それで、じゃあ仕事をあげるよってことで、CMに出てもらった。マック赤坂は、ちょうど赤坂の高須クリニック東京院の前で選挙運動をしてたのを見て、面白かったから、CMに出しちゃえってなった(笑い)。で、西原もそれなら出ちゃえって(笑い)」(高須院長)

 このCMが流れる『スッピン!』は、毎回女性芸能人が登場し、化粧を落としたすっぴん姿を披露するという番組。こちらのキャスティングは、高須院長によるものではないとのこと。

「CMは全部ぼくがやってるけど、番組のほうはまったくタッチしてないんだよ。でも、5月からはアイスホッケー女子日本代表の選手たちに出てもらう予定。みんな可愛いから期待していてね」(高須院長)

 カオスすぎるCMだけでなく、スマイルジャパンたちのすっぴん姿にも注目が集まりそうだ。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。最新刊『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)が話題。

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン