• TOP
  • ライフ
  • 津田塾大学女装替え玉受験事件 試験日2日目に父の女装発覚

ライフ

2014.01.19 07:00  週刊ポスト

津田塾大学女装替え玉受験事件 試験日2日目に父の女装発覚

 人生がかかった大学入試は、その“必死さ”ゆえに不祥事も尽きない。そんな中、受験史上最大の珍事件といえば、1975年の「津田塾大“女装”替え玉受験事件」だろう。娘の代わりに、父親が女装して受験。しかも発覚したのは2日目の試験で、初日はバレずにスルーしていたというから、驚きだ。

 当時、事件を報じた『週刊朝日』などによれば、父親はレンガ色のパンタロン姿で受験。横に座った受験生の「男かも?」という通告で、翌日にチェックした大学側によって発覚した。のど仏は白いタートルネックで隠していたが、骨ばった手と老け顔は如何ともし難かった。

 父親は高校教師で、娘も成績優秀、なにもそこまでしなくとも……。替え玉受験は1991年に、お笑いタレントなべおさみもかかわった明治大でも発覚(“替え玉された”のは息子で現在お笑いタレントのなべやかん)。ちなみに替え玉は「有印私文書偽造」という立派な犯罪です。

※週刊ポスト2014年1月24日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス