芸能

最新芸能記事のRSS

故TENNさんの母 妻・上原多香子に「息子の骨渡せん」の理由

2014.10.02 07:00

 9月25日の朝、自宅マンションの駐車場に停めたワンボックスカーの中で首つり自殺を図ったET-KINGのTENNさん(本名=森脇隆宏・享年35)。第一発見者は妻の上原多香子(31才)だった。最愛の夫から突きつけられたあまりにも突然の別れ。し

 9月25日の朝、自宅マンションの駐車場に停めたワンボックスカーの中で首つり自殺を図ったET-KINGのTENNさん(本名=森脇隆宏・享年35)。第一発見者は妻の上原多香子(31才)だった。最愛の夫から突きつけられたあまりにも突然の別れ。しかし上原は9月27日の通夜で気丈に喪主を務めた。目のまわりは腫れ上がり、その顔には疲労の色が浮かんでいた。

「最初は密葬にしようという話だったんです。でもTENNさんのお父さんが“そんな隠れてせんでいいんちゃう? かわいそうやわ”って言ったのを聞いて、上原さんも、“私もそう思う”ってなって…それで盛大に送ろうということになったんです」(上原の知人)

 ET-KINGのBGMが流れる会場にはたくさんのファンが駆けつけた。その数は通夜1000人、告別式は1500人にものぼった。

 悲しみのどん底のなか、上原は通夜・葬儀を盛大に行うという決意をしたが、一方で「喪主の言葉、言えるかな?」と不安を義母にこぼしていた。

「お義母さんは“それはあんたの義務やで。森脇隆宏の妻としての義務を果たしなさい。女優やったら真剣勝負しぃ”と言ったそうです」(前出・上原の知人)

 義母の言葉を胸に通夜・葬儀の席に立った彼女は、嗚咽をもらすことも、泣き崩れることもなく、ほとんど声につまらず、まっすぐ前を向いて挨拶した。そして現在TENNさんの遺骨は、上原のもとではなく彼の実家に置いてあるという。

「TENNのお母さんが上原さんに、“息子の骨は渡せん。うちで預かる”と言うて連れ帰ったんです。“え? どういうこと?”って聞いたら“あの子、まだ31才やで? 骨なんかもろても、何が起きるかわからんやん。半年後に別の人と入籍するかもわからんし。それやのにこれあったら足枷やろ”って話しとった」(親族)

 TENNさんが残した遺書はA4用紙3枚。メンバー、ファン、両親、そして上原へのメッセージだった。両親には「産んでくれてありがとう」。上原にはたくさんの言葉が綴られていたが、「ごめん」という言葉はなく「本当に幸せだった。ありがとう」と繰り返されていたという。

※女性セブン2014年10月16日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP