国内

美容師試験 実技はオバパーマで学科はインフルの時代錯誤

 新年度に資格を取ってキャリアアップを考える人は多い。転職や出世に有利だと考えられる「国家資格」だが、欲しがる者がいれば利権にもなる。シロアリ官僚たちは「お上がお墨付きを与える」ことで天下りポストと指導権限を操ってきた。その利権は、安倍政権になってさらに広がりつつある。

 問題はそうした資格を取るための試験が実際の役に立たないケースが多いことだ。その一つが大人気の「美容師」だ。

 美容師になるには厚生労働省が指定した養成施設(美容学校)を卒業した上で、実技と学科の試験に合格する必要がある(年2回実施)。実技試験で課されるのがオールウェーブセッティング、ワインディングといった技法だ。都内の美容店店主が語る。

「オールウェーブセッティングは1930年代に流行した髪型ですし、ワインディングはいわゆる“おばちゃんパーマ”です。髪に一定の幅でロッドを巻き付けていく技術の基礎を見るということですが、現場ではまず使うことがありません」

 学科試験も同様で、不思議な項目が並んでいる。たとえば昨年の試験では「インフルエンザに関する次の記述のうち、正しいものはどれか」という問いがあり、選択肢には「(1)インフルエンザウイルスはヒト以外にも感染する(2)ワクチンは、接種後すぐに効果が現れる……」といったものが並ぶ。

『日本人を縛りつける役人の掟』(小学館刊)の著書がある原英史氏(政策工房代表、元規制改革担当大臣補佐官)が解説する。

「資格の根拠となる美容師法が制定されたのは1957年のことです。当時はまだ衛生環境が悪く、美容室から感染症が広まる恐れがあったため、公衆衛生の観点から試験で感染症や人体構造を問う必然性がありました。

 衛生環境や顧客のニーズが大きく変わったのに学科も実技も時代遅れのままです。その結果、新人にはさみを持たせることはせず、3年間はアシスタントとして働かせるのが一般的になっている。ならば何のための試験なのか。『美容をクールジャパンの柱に』という掛け声も聞こえますが、資格試験のあり方を抜本的に見直す必要があるでしょう」

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン