芸能

日テレ入社笹崎里菜アナ 早くも女王・水卜アナへ忠誠表明か

 水卜アナといえば、日テレの女子アナ最大派閥である「ミト会」を率いていることで知られる。かつては30代のベテランアナを中心とする「馬場会」と覇権を争っているといわれたが、リーダーの馬場典子アナ(40)が退社した今、「ミト会」の一強時代といわれる。

「これまでの経緯があるだけに、笹崎さんはアナウンスルームで孤立しかねない。その点、力のあるミト会の寵愛を得れば心配はありません。そんな賢い計算があるのかもしれません」(同前)

「ミト会」の主要メンバーは、徳島えりかアナ(26)、杉野真実アナ(25)など若手の注目株が勢揃い。最近では、深夜番組『アナTALK』で、1年目の岩本乃蒼アナ(23)が「ミト会に初参加しました!」と、嬉々として宣言していた。

 さらに岩本アナは「盛り上がって、ベイマックス(※最新のディズニー映画に登場するロボット)のモノマネをやりました!」というエピソードまで披露。ミト会には「先輩たちの笑いを取らねばならない」という入会ルールでもあるのだろうか。

「ミト会もメンバーが増えて、派閥内派閥もできつつあるようです。笹崎さんもミトちゃんに気に入られているからといって安心はできない」(情報番組スタッフ)

 笹崎アナはこの“入社試験”をクリアできるか。

※週刊ポスト2015年4月10日号

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト