芸能

次男を亡くしたオダギリジョーと香椎由宇 その慟哭の一週間

1才次男の死去に香椎由宇は慟哭

 新緑も芽吹き、関東一帯に快晴の空が広がった4月22日の昼下がり。多摩川にほど近い都内の高級マンションに一台のワゴン車が止まった。車を降りた初老の女性は、両手いっぱいに白い菊の花を抱え、うつむきながらマンションへ入って行く。その後も喪服姿の弔問客や葬儀業者の慌ただしい出入りが続いた。

 この日、同マンションに住むオダギリジョー(39才)と香椎由宇(28才)夫妻の次男・Aちゃん(享年1)の通夜が、自宅の一室でひっそりと営まれていた。

「お子さんの亡骸を前にして、香椎さんもオダギリさんも憔悴しきっていて…。あまりにやつれきったふたりの姿に、親族も声をかけることさえできずにいました…」(オダギリの知人)

 ふたりの所属事務所が、次男の急逝を公表したのは、4月24日午後7時のこと。《1才9日という短い命ではありましたが、生前の御厚詛を深謝し、謹んでご通知申し上げます》。4月20日、絞扼性(こうやくせい)イレウスによって亡くなったとだけ記され、詳細は明らかにされなかったが、オダギリ・香椎夫婦は慟哭の1週間を過ごしていた。

 香椎が次男の異変に気づいたのは、1才の誕生日の翌日となる、4月12日の早朝のことだった。

「その日、Aちゃんは朝から苦しそうで、便の様子もおかしかったので、香椎さんが病院に連れて行ったところ、絞扼性イレウスと診断されたんです。すぐに入院して、14日に緊急手術が行われました」(香椎の知人)

 絞扼性イレウスとは、腸がねじれて締まった状態になり、血流が止まってしまう腸閉塞の一種。放置すれば腸が壊死して死に至るため、治療には外科手術が必要だ。

 小さな体にメスを入れる──あまりにもつらい選択だった。そして、術後6日目の20日に容体が急変。同午前6時、息を引き取った。

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト