芸能

鈴木砂羽 年下の俳優夫が努力をしないのに不倫し呆れて別居

年下夫の不倫で別居中という鈴木砂羽

 女優・鈴木砂羽(42才)が10才年下夫と別居生活を始めたという──。

 鈴木が結婚したのは2011年10月。お相手は10才年下の劇団員・吉川純広(32才)だった。

「舞台共演がきっかけで出会ったんですが、砂羽さんは彼よりうんとキャリアが上でしたし、彼女にとって彼は新人劇団員のひとりにすぎなかったそうです。でもつきあっているうちに“私が彼を育てる!”と盛り上がって、彼が婿入りする形でゴールインしたんですよ」(舞台関係者)

 鈴木が出演しているNHKの連続テレビ小説『まれ』の撮影が一段落したこの春、夫妻はそれまで住んでいたマンションから新居へ引っ越した。5月にはふたりで宮古島へ行って、魔除けになるから、と、現地の雑貨店でシーサーを購入して帰ってきた。

「その直後だったそうです…。今、ふたりは離婚を視野に別居生活を始めたようなんですよ」(芸能関係者)

 けんかも絶えなかったというこの夫婦。原因はたいていが仕事についてだったという。

「いつまでたっても仕事に本腰をいれるように見えない吉川さんに苛立つことが多かったようです。“どういうつもりでこのセリフ言ってるの?”“私はきみが足元にも及ばない経験を持っているんだよ”なんて、よく吉川さんを叱ってました。砂羽さんは、吉川さんのことが心配だったんだと思います。

 彼ののんびりした穏やかな性格は長所でもあるんですが、仕事がなくても焦らないし、危機感がない。がむしゃらに女優の世界で生きてきた彼女にしてみれば考えられなかったんでしょう。でも砂羽さんは面倒見がいいですから、自分の所属事務所に頭を下げて、仕事がちゃんと入ってくるように彼を同じ事務所に所属させたんですよ」(前出・芸能関係者)

 そんな鈴木の思いは届くことなく、思いっ切り裏切られた。

「去年の秋くらいからですかね。吉川さんは少し前の朝ドラに出演して注目されたアラサー女優と不倫を始めたんです。その女性も、結婚したばかりでしたからW不倫。でも砂羽さんは、男の浮気も女の浮気も容認派ですから、そのことについてはちっとも怒ってなかった。ただ、仕事も稼ぎもないのに、努力することもなく、無責任に浮気をして、おまけに自分にすぐにバレてしまった彼の脇の甘さに、ほとほとあきれ果ててしまったようです。

 新居へ引っ越したり、旅行にいくなかで、一度はやり直そうと思ったようなんですが、やっぱりムリだったようで、別居を始めたそうです」(前出・芸能関係者)

 現在吉川は、都内の細い路地裏にあるマンションの1室で暮らしている。12畳のワンルームで、もともと夫妻が衣装部屋として借りていた部屋だという。

 7月から始まる舞台の稽古が佳境に入り、忙しい日々を送る吉川。週末の夜は、1週間分と思える食材や飲料水のはいった大きなスーパーの袋を両手に提げ、明かりのない部屋へ帰る。

※女性セブン2015年7月9・16日号

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
駅伝でも“エスビー軍団”は最強を誇った(1984年の東日本実業団対抗駅伝で瀬古からタスキを受けるロス五輪1万m代表の金井豊。写真/共同通信社)
瀬古利彦を育てた中村清監督、エスビー時代に繰り返し伝えた「才能は有限、努力は無限」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン