芸能

人気占い師が白鵬を診断「七月場所は運命の分かれ道になる」

横綱白鵬の今後を占うキャメレオン竹田

 西洋占星術とタロットカードを駆使した独自の占いで話題の占い師・キャメレオン竹田。『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)や『TOKIO×(カケル)』(フジテレビ系)などテレビでも大活躍中の彼女が、話題の有名人の未来を予測するシリーズ「“きゃって”に占い」。今回は、今後の去就についていろいろな噂も浮上している横綱白鵬について占ってもらいました。

 * * *
──7月12日から大相撲七月場所が始まりますが、今回は横綱白鵬について占っていただこうと思います。審判批判問題が後を引く形で、いろいろと今後の身の振り方が話題になるなか、五月場所は11勝4敗で優勝を逃しました。4敗したのは5敗した2012年の五月場所で以来3年ぶりです。もしかしたら、白鵬の運気が悪くなっているのでは…という気もするのですが。

竹田:ホロスコープ的には、たしかに変化を求めているような星回りではあるんですよね。仕事や人生を変えたいという星回りで、これが1年くらい続くんですよ。環境を変えたいとか、今後の人生を切り替えたいみたいな願望が出てきていると思います。

──ということは、いきなり引退してしまうなんてことも…。

竹田:可能性はあるでしょうね。実は、ここ2年半くらい星回りとしては“困難な時期”だったんですけど、それが今度の8月に終わるんですよ。その後、運気的には良くなっていくんですが、この8月がひとつの分岐点になるかもしれないですね。

──8月に困難な時期が終わるということは、七月場所はまだ困難な時期だということですよね。

竹田:はい、七月場所は試練の時になりそうです。これまで通り、変わらず一生懸命相撲に打ち込むことができればいいんですが、気持ちが落ちていたり、あるいは天狗になっていたりすると、良くない結果になってしまいそうですね。

──そもそも白鵬はホロスコープ的にどんな人物なんですか?

竹田:優しいタイプですね。決して自己主張が強い人ではなくて、どちらかというとフワッフワしてる。ちょっと優柔不断な感じもありますが、基本的には周りの意見に合わせるタイプですね。ただ、自分の考えがないわけではないんですよ。なので、周りに合わせていると、徐々にストレスが溜まっていって、最終的に爆発しちゃう。

──たしかに、朝青龍がやんちゃなタイプなら、白鵬は優等生タイプで、あまり文句を言うようなこともなかったのが、ここにきて急に爆発したっていうイメージですね。

関連記事

トピックス