• TOP
  • 芸能
  • なべやかん 「ラーメンの替え玉を遠慮せずに頼んで」と要望

芸能

2015.07.18 07:00  NEWSポストセブン

なべやかん 「ラーメンの替え玉を遠慮せずに頼んで」と要望

なべ:替え玉というやりかたは、聞いていませんでした。大学入学式の前日くらいに、写真がおかしいと大学に呼ばれて知ったんです。

――写真がどうおかしかったんですか?

なべ:受験票とテストを受ける用の、2枚書類があるんですけど、ぼくと違う人の写真が、それぞれに貼ってあったんです。それで、写真がおかしいぞと。相撲部に推薦入学するということになっていて、写真もぼくと少しも似ていないんです(笑い)。

――今となっては、入学する前に発覚してよかったと思いますか?

なべ:入ったところで学力もついていけないと思いますし、そこでできた友達にずっと嘘をついて生活することになってしまうので、結局どこかでカミングアウトしていたと思います。そう考えると、あれでよかったと思いますね。

――お父さんが謝罪会見をしていましたが、テレビで見ていましたか?

なべ:見ていました。すぐに嘘を言っているとわかったので、「なんてことを言ってるんだ」って思いましたよ。バレる以前の問題で、信じる人なんか誰一人いないような言い訳でしたから。これはちょっとやばいな、世間様に対して、火に油を注いだぞって思いました。

――見知らぬ紳士が、善意で裏口入学をもちかけてきた、という内容でしたね。すぐに撤回の会見を開いていましたけども。

なべ:そんなバカなって話ですよ。しかもそのとき、父は旅公演で、『一心太助』っていう芝居をしていたんです。「俺は正直者の味方だい、嘘つきは大っ嫌いだい」というのが決め台詞だったんですけど、「お前が嘘つきじゃないか!」って、客席から総ツッコミだったそうです。

――当時の報道ではやかんさんは素人で、顔は出ていませんね。騒動の渦中に自分が置かれるんじゃないかという恐怖はありましたか?

なべ:恐怖というより、雑誌などに色々と嘘を書かれるのが嫌で。たとえば、“ひきこもりのオタク”だと書かれる。嘘なわけです。ぼくは怪獣などのキャラクターコレクターなんですが、当時はヤフオクなんてないから、外に出て探し回っていたんです。だからオタクというのは合ってるけど、ひきこもりは違うな、とか。

――冷静に騒動を見ていた?

なべ:そうでもないですよ。テレビや雑誌を見ればバッシング報道があるわけですから、嫌になっていました。でもある日、現実を直視しようと思った途端に、すごく楽になったんです。それまでは現実逃避ばかり考えていたんですけど、批判する人の話を聞いて「この人がこんなこと言ってる、ほうほう」って、そんなふうに思える余裕ができた感じです。

――現実を見られるようになる、きっかけがあったんですか?

なべ:いえ、父が2回目の会見をしたあとぐらいに、自分自身で切り替えました。現実逃避しているほうが、つらかったんですね。それに騒動がゴールデンウィークの頭ぐらいだったんですが、6月の半ばには、たけし軍団に入っているんです。

――たけし軍団に入るきっかけは、なんだったんですか?

関連記事

トピックス