• TOP
  • 芸能
  • 一発屋と評されるスギちゃん 「仕事途切れず」と順調ぶり語る

芸能

2015.08.02 07:00  NEWSポストセブン

一発屋と評されるスギちゃん 「仕事途切れず」と順調ぶり語る

意外にも!?仕事は途切れてないというスギちゃん

「ワイルドだろ~?」を持ちネタに、2012年『R-1ぐらんぷり』で準優勝し、ブレイクしたお笑い芸人スギちゃん(41才)。世間では“一発屋芸人”と呼ばれることもあるが、先日、同棲していた13才年下の一般女性との結婚を発表し、いまだその動向がニュースになるほど、その人気は衰えず。現在もワイルドキャラで爆走し続ける、スギちゃんの売れ続ける秘密に迫ってみた。

――結婚おめでとうございます。彼女との交際は長いんでしたっけ?

スギちゃん:いや、付き合い始め、一緒に暮らして1年ですね。ネットニュースで“スギちゃん、結婚間近の一般女性と同棲”みたいなことが書かれて…。俺も毎日、ネットニュースをチェックしていますが、よっぽどネタがないんだろうなと思って見ていました。

――ネットニュースはこまめにチェックされるんですか?

スギちゃん:芸人はみんなそうだと思いますよ。今、話題になっていることとか情報として持っておきたいですからね。ただ、エゴサーチは精神衛生上よくないと思っています。僕も経験ありますが、ネットって好き勝手なこと書いていますから。そんなのを見ていて気にしていたらキリがない。

――3年前、「ワイルドだろ~?」でブレイクを果たした後はさぞかし生活も一変されたことだと思いますが。

スギちゃん:R-1で準優勝したあと、事務所に100本以上、仕事の依頼が来たという話でしたが、正直、あの時のことは忙しすぎてよく覚えてないんです。1日4~5本ぐらい仕事があって、3年間はリアルに休みはなかった。忙し過ぎると、記憶が飛ぶのか、宇宙旅行に行っていたような感覚で。まるで別世界の話のようです。

 この間、久しぶりに呼ばれた番組のスタッフさんから「3年前は忙しくて、すごく疲れていたのに、ロケがスタートするとスイッチが入ったみたいにテンションが上がっていましたね」と言われたとき、走馬灯のようにあの時の記憶がよみがえりました。あの時、俺密着でずっとカメラを回しておけば良かったと思いますよ。そのビデオを見て、あの頃の自分はどうだったか、今の僕は見てみたいと思いますもん。

――ワイルドネタがブレイクした時は羽振りも良かったのでは?

関連記事

トピックス