• TOP
  • 芸能
  • 大島優子 女優業について「正解も不正解もないから難しい」

芸能

2015.08.16 07:00  NEWSポストセブン

大島優子 女優業について「正解も不正解もないから難しい」

AKB48卒業から1年。大島優子が主演映画と女優業について語る

 AKB48を卒業して1年が経った女優・大島優子(26才)。女優としての一歩を踏み出した作品が主演映画『ロマンス』(8月29日公開)だ。ひょんなことから映画プロデューサーの桜庭(大倉孝二)と一緒に、音信不通になった母親を探すことになった26才の鉢子を等身大に演じている。役者として一歩一歩地歩を固めている彼女に、撮影秘話やこれからのことを語ってもらった

――映画『ロマンス』では大島さん演じる鉢子の表情が豊かでとても魅力的でした。大倉さんとの相性もバッチリでしたね。 

大島:ありがとうございます。私も自分のいろんな表情を撮っていただけてとてもうれしかったです。大倉さんとは撮影が終盤に近づくほど、撮影の合間にいろいろなことを気兼ねなく話せるようになり、どんどん自然な感じになっていきました。大倉さん演じる桜庭と私が演じた鉢子のボケとツッコミの掛け合いのような感じでずっと話していましたね。

――本読みから息がピッタリだったそうですが。

大島:そんなことはないと思います(笑い)。私と大倉さんは、本読みと聞いて全部読むものだと思って準備していたんですが、実際は3シーンくらいしかやらなかったんです。タナダユキ監督が「もう充分です。あとは現場で」と。私と大倉さんは「え? これでいいの?」と戸惑っていました。でも、タナダ監督の中では、「もうバッチリ」という感覚があったみたいです。

――大島さんにとって、鉢子の役はどのくらいご自分に近いんですか?

大島:70%くらいでしょうか。生き方も鉢子とは違いますが、感じることや考えることは、26才の女性として共感する部分があって、それが70%を占めていますね。

――映画では、ロマンスカーのアテンダント役。後輩の仕事をカバーするしっかり者という側面が出てましたよね。実際大島さんには面倒見がいいというイメージがあります。

関連記事

トピックス