国内

最新国内記事のRSS

「物々しい」報道の山口組本部 警察と記者が舞い上がっただけ

2015.09.07 07:00

“日本最大の暴力団”山口組の分裂が明らかになって以降、連日、新聞やテレビでは関連ニュースが流れている。『ヤクザ1000人に会いました!』などの著作があり、いま日本でもっともヤクザに詳しいライター・鈴木智彦氏が、山口組本部で「定例会」が行なわ

“日本最大の暴力団”山口組の分裂が明らかになって以降、連日、新聞やテレビでは関連ニュースが流れている。『ヤクザ1000人に会いました!』などの著作があり、いま日本でもっともヤクザに詳しいライター・鈴木智彦氏が、山口組本部で「定例会」が行なわれた9月1日の様子をレポートする。

 * * *
 9月1日、午前9時半、騒動後初の「定例会」(原則月1回)が行なわれる、神戸市灘区篠原本町の山口組本部の裏口でタクシーを降りた。

 あちこちの辻で、マル暴(暴力団担当刑事)がカメラを構えている。会釈をしながら正面玄関まで歩くと、兵庫県警の真っ赤なカラーコーンが置かれ、見慣れない県警広報(現実的にはマスコミが調子に乗らないよう監視・注意する役目)が居並び、三脚が乱立していた。カメラマンや記者は総勢40~50人ほどだろうか。兵庫、大阪、愛知各県警、警視庁など、警察関係者の合計はそれ以上だ。

 ヤクザ記事を生業としている実話誌部隊が見当たらないので、知り合いに電話した。

「新神戸駅で張ってます」

 新幹線から降りてくる姿を撮るという意味だ。実話誌が欲しいのは、騒動直後の親分衆の表情である。本部前に陣取っても、シャッターが開いた瞬間、道路の反対側から門のすぐ奥が見えるだけで、母屋の玄関も車に乗り込む姿も窺えない。普段の定例会では多少サービスがあって姿を見せてくれる直参(二次団体組長)もいるが、今日は期待できない。

 割り込むのも億劫なので端に陣取り、一眼レフを取り出す。

「山口組本部前は物々しい警戒で、緊張感に包まれております!」

 地元テレビ局のレポートに吹き出してしまった。なにしろ山口組の様子はまったく分からないのだ。「警察と記者クラブが舞い上がっている」というのが正確な描写だ。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP