• TOP
  • 国内
  • 元少年A 公式ホームページで公開した自作イラストと全裸写真

国内

2015.09.10 07:00  女性セブン

元少年A 公式ホームページで公開した自作イラストと全裸写真

元少年Aから女性セブン編集部に届いた封筒

 神戸連続児童殺傷事件の犯人・元少年Aが、女性セブン編集部に手紙を送ってきた。そこには、手記『絶歌』(太田出版)を執筆するにあたって行われた幻冬舎の見城徹社長とのやりとりが詳細に書かれていたほか、急遽ホームページを開設したことが明かされて、そのアドレスも記されていた。

 実際にそのホームページのアドレスにアクセスした。トップページには、「元少年A公式ホームページ」という文字とともに、「存在の耐えられない透明さ」という大きなタイトルが飛び込んでくる。

 そこに記載されたプロフィールには、1982年に神戸市に生まれ、事件を起こして2004年に社会復帰するまでの年表に加え、こんな個人情報まで明かしている。

《身長165.6cm 体重54.3kg 視力 右0.03 左0.05 血液型 A型 大動脈心臓部に雑音あり 誇大妄想癖あり》

 プロフィールの下には、『絶歌』についての自画自賛の宣伝が続く。

《少年A事件に関する書籍はこれまでにも数多く出版され、ほとんど出尽くしている感がありますが、少年A本人が自分の言葉で語ったものは、この『絶歌』が最初で最後です。

(中略)事件から18年。『冷酷非情なモンスター』の仮面の下に隠された“少年Aの素顔”が、この本の中で浮き彫りになっています。「少年Aについて知りたければ、この一冊を読めば事足りる」そう言っても差支えないほどの、究極の「少年A本」です。一人でも多くの方に手に取っていただければ幸いです》

 ホームページ内の主なコンテンツはまず、Aが好きな映画や小説を書評した「レビュー」のページ。例えば1980年代初頭に「パリ人肉食殺人事件」で日本中を震撼させた猟奇殺人犯・佐川一政の著作に触れ、

《僕にとって“芸術”とは、「失われた“現在”への求愛」です。僕にそれを教えてくださったのが、あなたです》》

 と、稀代の殺人鬼への憧憬を綴っている。そしてもうひとつが、自作のイラストや写真を投稿した「ギャラリー」のページである。このページを覗いて戦慄した。

関連記事

トピックス