• TOP
  • 芸能
  • 道端ジェシカが幸せ掴む契機の一つ「馬蹄チャーム」誕生秘話

芸能

2015.09.14 16:00  女性セブン

道端ジェシカが幸せ掴む契機の一つ「馬蹄チャーム」誕生秘話

 さらなる発展の転機が訪れたのは5年前。ある晩、夢の中で「東京へ行きなさい」とお告げがあったという。

「“これから日本では大変なことが起きて、みんなが不安を抱えてしまうから、あなたがみんなを励まして、ポジティブな方向へ導きなさい”というメッセージでした。

 お告げの2か月後、東京の地理も全くわからない私が、お告げでひらめいた代官山を歩いていると、イメージにぴったりの古いアパートが。しかもちょうど賃貸の物件になっていたんです。迷わずそこで雑貨店をオープンさせました。風呂なしのアパート住まいにも、流し台で髪を洗う生活にも、不思議と不安はありませんでした。手探りのスタートでしたが、幸運なことに、鑑定させていただいたかたの口コミでどんどん広がって、才能溢れるかたがたや、自分とは無縁だと思っていた女優さんやモデルさんなどとのご縁が次々とできたのです。これこそ、名前が持つパワー。昔の私には想像もできないことです」

 道端ジェシカ(30才)が世界的イケメンF1レーサーのジェンソン・バトン(35才)との結婚を引き寄せたことでも話題となった、このチャーム。これがついた著書『運命のフォーチュンAmulet』(小学館刊)を発売する時、「イヴルルド遙華」を名乗るようになった。

 総画数には活躍運が宿り、本のタイトルは開花運を持っている。同書は1作目、2作目と増刷を重ね、12月にシリーズ3作目の発売も予定されている。

※女性セブン2015年9月25日号

関連記事

トピックス