芸能

老人ホームでリハビリの田中邦衛 家族もほぼ毎日お見舞いに

毎日リハビリに励む田中邦衛

 神奈川県横浜市の海沿いの小高い丘の上に建つ純和風の豪邸の主を、近隣で知らぬ者はいない。

「田中邦衛さん(82才)のおうちです。この辺りじゃ、タクシー運転手に“田中さんの家へ”って言えば一発で着くくらい有名です。近所づきあいも盛んで、隣の家で宴会を開いたり、本当に気さくな人です。よく丘を下って最寄り駅まで歩く姿を目撃します。ある時“駅まで乗っていきますか?”って車越しに声をおかけしたら、“ありがとう。でも健康のために歩いてるんで、大丈夫だよぉ”って。お体に気を配っていてね…」(近隣住人)

 テレビドラマ『北の国から』(フジテレビ系)の主役・五郎役を始め、映画『仁義なき戦い』や、高倉健さん(享年83)と共演した『網走番外地』など、数多の名作に出演し続けた田中は、木訥でどこか憎めない役柄同様に、地域でも愛されていた。しかし、この数か月、そんな田中の姿は近隣でまったく見かけられていない。

《田中邦衛「介護付き老人ホーム入居」》。10月16日発売の『週刊ポスト』でこんな事実が報じられた。

 同誌によれば、田中は今年夏頃、高熱で倒れて2週間ほど入院。寝たきり生活の中でもともと弱かった足腰が悪くなり、車いす生活となったため、老人ホームに入居したのだという。

「田中さんが最後に公の場に出たのは2012年8月の地井武男さん(享年70)のお別れ会でした。ここ数年は体調も優れず、仕事も控えていました。老人ホームへの入居は、自宅はバリアフリーになっていなかったし、“ここで生活したら家族に迷惑がかかるから”といって自分で決められたそうです。奥さんとふたりの娘さんと何度も話し合ったそうです」(田中の知人)

 田中が入居した老人ホームは、家賃や食費を含めて月額20万円ほどで、有名俳優が入居するような特別に豪華な施設ではない。

 個室は用意されているものの、介護士の付き添いのもと、食堂やホールなど他の入居者と時間を共にすることも多いという。そんな田中を、家族は懸命に支えている。

「奥さんと娘さん、ほとんど毎日お見舞いに行っています。近くに住む次女が車で奥さんを迎えに来て、一緒に施設まで行くんです。日が暮れるまで田中さんと一緒に過ごしていますよ。差し入れの食事を持ってきて、お体をケアしてあげてね。田中さんも、家族と過ごす時間が何よりも嬉しいそうです。一日も早く車いす生活を脱して自宅に帰るために、毎日リハビリに励んでいるそうです」(前出・田中の知人)

 現在、NHKのワシントン支局長を務めている長女も、折に触れて父親と連絡を取り、励ましているという。

 次女に話を聞いたが、「すいません。父のことはそっとしておいてください…」と話すだけだった。

※女性セブン2015年11月5日号

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン