• TOP
  • 芸能
  • 仲のいい福山雅治とリリー・フランキー 深夜の六本木で発見

芸能

2015.11.28 07:00  女性セブン

仲のいい福山雅治とリリー・フランキー 深夜の六本木で発見

深夜撮影中の福山雅治とリリー・フランキー

 11月中旬、時計の針は深夜1時をさしていた。東京・六本木の隠れ家バーに福山雅治(46才)の姿があった。

 樹齢500年を超えるこだわりのナラの木でできた重厚なカウンターの奥に、数百本のウイスキーボトルが並ぶ。仄暗い店内には、特有のスモーキーな香りや磯の香りが漂っている。

 赤い花柄シャツに無精ひげ姿はいつもの福山の印象とは違うが、バーの空気に妙に溶け込んでいた。しかし、そんな雰囲気とは裏腹に、福山は隣に向かって熱い語りをやめない。2時を過ぎ、3時をまわっても熱は帯びていく一方で、一向に席を立つそぶりはない。

 吹石一恵(33才)との電撃婚からまだ2か月、こんなに遅くまで飲んでいていいのかと、お節介ながら気になる時間帯だ。それなのに福山を捉えて放さない、隣にいた人物、それはリリー・フランキー(52才)だった。

「福山さんとリリーさんならさもありなん。何時間でも話しているでしょうね(笑い)。吹石さんも、福山さんの帰宅が遅くなるからといって気にするタイプではありません。2人は映画『そして父になる』など共演もありますが、とにかくよく一緒に飲んでいます。

 今年の夏に日産スタジアムであった福山さんのライブにもリリーさんは駆けつけましたね」(芸能関係者)

 このお店に福山が来たのは初めてのこと。常連客のリリーがどうしても福山を連れて行きたいと言っていたバーだった。

「まだオープン1か月の新しいお店です。リリーさんはロゴをデザインするなどお店の新規オープンに携わったそうですが、当初から“福山を連れて行きたい”と漏らしていたそうです。

 この日は2人ともお酒を飲まれていなかったようですが、このお店は、保存状態や樽などこだわり抜いた稀少価値の高いウイスキーボトルが何百本と揃えてあるんです。リリーさんと福山さんのウイスキー好きは有名ですが、“どう? この店もいいだろう”と紹介しておきたかったみたいですね」(店の常連客)

 結局、2人がバーを出てきたのは明け方の4時。しかし2人は帰途につかなかった。

「実はこの日は、六本木で映画の撮影があったんです。深夜の撮影を終えて、次は早朝の撮りだったようで、福山さんとリリーさんは、その待ち時間にこのバーに足を運んだんです。4~5時間ありましたから、睡眠をとったり休憩できたとも思いますが、さすがはあの2人ですね」(映画関係者)

 映画とは福山主演で来秋公開の『SCOOP!』。福山が演じるのは芸能スキャンダルを追うパパラッチカメラマン。二階堂ふみ(21才)扮する新人記者とタッグを組み、大きな事件を追うことになる…というストーリーだが、リリーは、そんな福山に情報を提供するネタ屋という役どころ。

「正直、撮影中も、休憩時間も福山さんとリリーさんが戯れているので外野から見ているとどっちがどっちかわからないほどです(笑い)」(前出・映画関係者)

 道行く人が福山の存在に気づいて振り返る中、リリーと肩を組んで歩いたり、時折、リリーが福山にパンチをするフリをして、福山が痛がるなどふざけ合ったり…。結局、撮影は朝6時をまわっても続いていた。

※女性セブン2015年12月10日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス