芸能

ベッキー、川谷、文春、世間 「ゲスの極み」は誰なのか

 おおっと、効果的なタイミングで新たなネタを繰り出してくる「週刊文春」が、一気に追い上げてきた。週刊誌はもとよりゲスが身上であり最大のレゾンデートル。簡単に負けるわけにはいかない。LINEのやり取りを流出させた誰かは、そこはあんまりつついちゃいけない気配が漂っているせいか、やや失速気味だ。

 タレント仲間、スポンサー、レコード会社、その他もろもろといった面々は、やはり格の違いはいかんともしがたく、後方にひとかたまりになって沈んでいる。いや、しかしどの面々もまだ勝負をあきらめていない。隠そうとすればするほどゲスな一面が見え隠れてしてしまうのが、ゲスダービーの油断ならないところだ。

 いよいよ最終コーナーをまわって、最後の直線に入った。ベッキーと川谷が抜きつ抜かれつのトップ争いを繰り広げている。「週刊文春」も激しくムチを入れてきた。ああ、なんということだ。後方からいきなり追い上げてきているのは、地味な存在かと思われた“その他もろもろの人たち”だ。目を凝らして正体をよく見てみたら、ああっと、物見高いばっかりで無責任な“世間の人たち”だ! これは強い! これはゲスだ!

 というわけでゲスダービーは、当事者のベッキーや川谷を抑えて、その他もろもろの人たちの皮をかぶった世間の人たちが、見事に優勝を飾りました。終わってみれば、何馬身も引き離しての圧勝でした。

 噂話をして盛り上がったのかネットで悪口を書きまくったのか、騒動との関わり方は人それぞれ。いずれにせよ、自分には関係ない話なのに、したり顔であれこれ言って目先の留飲を下げている図式は、まさにゲスの極み善男善女です。まあ、世間の人たちに好き勝手にネタにされるのが有名人の宿命ではありますが。

 そうそう、この「いちばんゲスだったのは誰だったのかダービー」ですが、諸事情でエントリー漏れがありました。本来なら当然出るはずだったのは「高みの見物をしてもっともらしい原稿を書いているヤツ」です。もし出走していれば、他を寄せ付けないゲスっぷりで独走していたことでしょう。諸事情とか言って出走しないところも、またゲスですね。たいへん申し訳ありません。

関連記事

トピックス