• TOP
  • 国内
  • 「直参トップ」高須院長が明かすフリーメイソンの内部事情

国内

2016.03.19 07:00  NEWSポストセブン

「直参トップ」高須院長が明かすフリーメイソンの内部事情

フリーメイソンについて明かす高須院長

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、院長自身がそのメンバーである「フリーメイソン」についてうかがいました。

 * * *
──今回は高須院長もその会員であるフリーメイソンについてお話をうかがいたいと思います。

高須:もういまは何でもしゃべれるようになったからね。いちばん偉くなったから。

──いちばん偉いというと、どういう立場なんですか?

高須:僕が入っているのは京都御門ロッジで、そこでいちばん偉い「Worshipful Master」っていう立場だね。去年12月にロッジ内で選挙があって、そこで選ばれたんだよ。「親方の親方」っていう感じかな。ちなみに、Worshipful Masterのなかでいちばん偉いのが日本グランド・ロッジにいるグランドマスターだね。

──組織がいくつかの階層になっているんですか?

高須:そうそう。たとえば本家の“〇〇組”が「日本グランド・ロッジ」だったら、僕はその直参の御門ロッジの“組長”ってことになるわけだ。その前までは“若頭”だったんだけどね(笑い)。だいたい“若頭”になったメイソンは、その次の選挙で“組長”になるんだよ。

──そういう慣習があるんですね。

高須:まあ、いろいろ習わしが多いのは確かだね。頭が固い組織だよ。古い儀式ばっかりやってるから、それについて来れずに辞めてく人も多い。あと、意外とくだらないことであーだこーだやってるんだよ。「このエプロンは誰が洗濯するのか」とか「部屋の後片付けは誰がするのか」とか、そんなことばっかり話し合ってるんだもん(笑い)。

 世間的には社会を裏で牛耳っている組織って思われてるけど、実は全然そんなことない。けっこうどうでもいいことを世界中で議論してるのがフリーメイソン。どんなにすごい組織なのかと期待して入ってきても、実際はそんなんだから、「やってらんねえよ!」っていう人がいても仕方ないね。

──いろいろと大変なことも多そうですね。

高須:いちばん大変なのは暗記かな。いろんな儀式のために、文章を暗記するの。それこそお経を覚えるみたいなものだね。基本的には、古い英語の文章を覚えるんだけど、たしか御門ロッジと名古屋の鳥居ロッジと福岡の卑弥呼ロッジは日本語でもOKなのかな。でも、それもまたとんでもなく古い日本語で、覚えるのが一苦労なんだよ。

──そもそも院長はどうして京都の御門ロッジに入られたんですか?

関連記事

トピックス