ライフ

伝説の雑誌『ザ・ベスト』 最盛期は107万部を記録

 和服姿で「すこし愛して、ながーく愛して」とささやくサントリーウイスキーのCMで世の男性を虜にし、その台詞そのままに長く愛された大女優・大原麗子。そんな彼女の鮮烈な写真が表紙を飾った雑誌があった。大原の大ファンだったという50代男性が振り返る。

「あれは……いま思い出しても衝撃的です。目を閉じた大原さんの横から膨大な量の水がぶっかけられ、顔半分がびしょ濡れでしたからね。一体、何の雑誌なんだろうと驚きました」

 その雑誌とは、『ザ・ベストマガジン』の創刊号である。1984年4月の創刊当時は先述したCMも放送中で、「好感度ナンバーワン女優」だった大原が顔面に水をぶっかけられる表紙は世に大きな衝撃を与えた。『エロの「デザインの現場」』(アスペクト刊)の著者で、様々な成人向け雑誌のデザインを手がけたデザイナーの有野陽一氏が内幕を明かす。

「今も昔も男性誌の表紙を飾る女優さんは笑顔が基本。そんな常識を壊すために、創刊にあたり“とにかく過激な雑誌にしよう”という路線に決まって、“どうせなら誰もが知っている一流女優に水をかけよう”となったそうです。初代編集長の印南和磨さんが多くの芸能プロにパイプを持っていたので、大女優の大原さんをキャスティングできた」

 雑誌は爆発的な人気となり、創刊年の12月には100万部を超え、最盛期は107万部に達し、成人向け雑誌というジャンルの枠を超えた存在となった。1980年代半ば、出版界は成人向け雑誌ブームが花盛りだった。中でも2大雑誌と呼ばれたのが『ザ・ベスト』と、『デラべっぴん』(英知出版。1985年創刊)だった。

 若者たちを“ベスト派”と“べっぴん派”に取り込むために切磋琢磨した両誌の表紙には違いがあった。『デラべっぴん』が人気AV女優を起用する一方で、『ザ・ベスト』は、大原以降も大物女優が続々と登場。坂口良子、加賀まりこ、萬田久子、田中好子、十朱幸代、岩下志麻、倍賞美津子といった錚々たる女優陣を“びしょ濡れ”にしてきた。

 今ではとても考えられない話だが、大原が先陣を切ったことで「あの大原さんがやったのなら」と後続の女優を生んだのだという。

「『ちょっと水をかけるだけです』と交渉していたので、『話が違う!』と怒られたことも多かったとか。シャッターチャンスを逃したらメイクや髪のセットもやり直し。女優さんの我慢の限界もあるから3テイクが限度だったそうです」(同前)

※週刊ポスト2016年4月8日号

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン