国内

最新国内記事のRSS

15才少女監禁事件 2年前に透視で描いた容疑者の似顔絵

2016.03.31 07:00

「“あのかた”にぜひお会いしたいと言っている親御さんがおりまして…」。女性セブン編集部に1本の電話が

「“あのかた”にぜひお会いしたいと言っている親御さんがおりまして…」。女性セブン編集部に1本の電話が入ったのは2014年6月のことだった。電話の主は、同年3月から行方不明になっていた埼玉県朝霞市の女子中学生・A子さん(15才)を捜す市民団体の関係者。彼のいう親御さんとは、A子さんの両親だった。

 女性セブンは彼を通じて両親とコンタクトを取り、すぐに“あのかた”を紹介した。通称「異能の主婦」。並外れた霊感と透視能力を持つ女性である。あの日、確かに彼女には連れ去った犯人が“視えて”いた──。

 女性セブンが「異能の主婦」を知った経緯、急展開を見せた事件の裏で起きていた衝撃の透視術。それらに触れる前に、まず事件自体を振り返る。

 3月27日午後0時半、東京・中野区の路上でA子さんが2年ぶりに発見された。彼女は公衆電話で自ら110番通報。駆けつけた中野署員が保護した際、A子さんは黒のジャージー姿で、所持金は170円しかなかった。

 悪夢の始まりは、2014年3月10日のこと。当時中学1年生だった彼女は、学校から帰宅途中、自宅付近で若い男性と話している姿が目撃されたのを最後に行方がわからなくなった。自宅ポストに《しばらく友達の家です。さがさないでください》と書かれた、女子生徒の直筆とみられるメモが入っているのを母親が発見。埼玉県警に行方不明者届を出していた。

 発見翌日の3月28日、A子さんを連れ去ったとして未成年誘拐の容疑で身柄を確保されたのは、千葉大学工学部に在籍していた寺内樺風(てらうち・かぶ)容疑者(23才)だった。

◆「眼鏡もかけてるね」

 A子さんの発見に至るまで、県警と両親は情報提供を求め、計3万枚のチラシを配布。両親はテレビにも出演し、「パパもママもずっとA子を待っているよ」と呼びかけ続けた。

 しかし、決定的な情報が得られずに日々は過ぎていく。愛娘が突然消え、手がかりもない。想像を絶する苦悩のなかで、両親が藁にもすがる思いで求めたもの──それが“異能の力”だった。

 発端は、2014年6月に本誌が報じた1つの記事に遡る。当時、2005年に栃木県今市市で起きた小1女児殺害事件の容疑者・勝又拓哉(33才)が逮捕され、迷宮入りも囁かれた難事件の急転直下の解決劇にメディアが沸いていた。

 だが、同事件の取材を進めた本誌は、間もなく驚愕の事実にたどり着く。2007年夏、捜査に行き詰まった栃木県警が地元で有名な1人の女性占い師に捜査協力を要請し、彼女が透視した結果、その時点で勝又容疑者の年齢、風貌、さらには名前まで、完璧に言い当てていたことが判明したのだ。この占い師こそが、冒頭の「異能の主婦」、B子さん(50才)だった。

 女性セブンがB子さんの透視の一部始終を報じた直後、編集部には「この人に会いたい」という読者からの電話が鳴りやまなくなった。なかでも最も悲痛な救いの声が、A子さんの両親によるものだった。

「B子さんの透視能力で、娘を捜していただけないでしょうか…」

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP