芸能

草刈正雄 「過去に昌幸演じた丹波さんが助けてくれている」

『真田丸』への思いを語る草刈正雄

 NHK大河ドラマ『真田丸』で、草刈正雄(63)は小大名ながらも知謀をもって乱世を巧みに生き抜く真田昌幸を演じている。

 飄々として食えない雰囲気を漂わせつつ締める所ではビシッと締める芝居はカッコ良く、昌幸の策士ぶりに説得力を与えていた。

「素直にやっているだけです。あまり緻密に考えるタイプではないので、台本から受ける勘だけですね。三谷幸喜さんのホンが楽しいので、そこから受けるインスピレーションしかないんです。

 役に直球でぶつかっています。あまり小細工してもしょうがない。その方が人間の大きさが出ると思うんです。あまり小細工した芝居をしてしまうと、小者に見えてしまう感じがするんですよ。

 昌幸は曲者なだけではないと思います。教育熱心なんじゃないかな。信玄公からいただいた教育を息子に受け継がせようとしていると思うんです。あれだけ、息子たちとコミュニケーションをとる家族というのは戦国では珍しい。昌幸は息子たちに全てを見せています。泣きつくこともありますしね。弱いところも、何もかも吐き出す。教育といっても堅いものではなくて『俺のやることをお前たちはいつも見ていろ』という」

 主人公で昌幸の次男・信繁を堺雅人が、その兄・信幸を大泉洋が、それぞれ演じている。

「大泉さんは役者として本当に凄い。プロフェッショナルです。あんな生真面目な顔は他の作品では見たことないですもんね。堺さんは緻密です。ざっくり派の僕とは全く違いますね。リハーサルでもよく質問していますし、そこまで考えるのかというくらい、気合いが入っていますよ。

 ここまで共演者とワクワクするリハーサルはありません。その楽しさは、堺さんも大泉さんもビシビシと感じていると思います」

 劇中で敵対することになる徳川家康(内野聖陽)側には近藤正臣、藤岡弘、というベテランの芸達者が顔を揃えている。

「徳川も北条も、みんな楽しんでますね。近藤さん、藤岡さんの芝居を見ていると『また楽しんでやってるな』と挑発されます。その段階から戦いは始まってます」

 草刈は1985年のNHKドラマ『真田太平記』では昌幸の次男・真田幸村(信繁)役で出演。この時の昌幸役は丹波哲郎だった。『真田丸』でのそこはかとない大物感を漂わせる草刈の演技には、丹波を彷彿とさせるものがある。

「丹波さんには、かなり影響を受けています。意識してやっているつもりはないのですが、セリフ回しとか『似ているぞ』と自分でも思ってしまいます。丹波さんがスタジオのどこかに降りてきている気がするんですよ。『ちゃんとやってるか』って。それで、凄く助けてくれているんだと思います。

 それだけ、『真田太平記』での丹波さんの昌幸に打ち込む姿は凄かった。強烈な雰囲気を出していました。セリフを覚えない人だと聞いていましたが、とんでもない。全て完璧に入っていました」

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン