芸能

脚線美の黎明期彩った野際陽子、南沙織、キャンディーズら

 榮倉奈々が表紙を務めた『an・an』(5月4・11日号。マガジンハウス刊)の「美脚特集」が話題となった。身長170センチ・股下80センチ以上といわれる榮倉のスラリと伸びた脚が印象的だ。いまや美脚は「女性の美」を語る上で欠かせない要素となっている。かつて胴長短足といわれ、美脚とは無縁であった日本人が、いかにして美脚に目覚めたのか。日本の「脚線美」の歴史を紐解いていこう。

 戦後を代表する美脚の代名詞といえば、日本人で初めてミニスカートをはいたとされる野際陽子だろう。1967年3月、留学先のパリから帰国した際にミニスカで飛行機から降りてくると、待ち構えていた報道陣は騒然となった。「ずっと日本にいたらはかなかったかもしれない」というフランス仕込みのファッションをきっかけに、女性が生脚を出す機会が増え始めた。

 同年7月には山本リンダが『ミニミニデート』、木の実ナナが『ミニ・ミニ・ロック』、8月には金井克子が『ミニ・ミニ・ガール』と立て続けに美脚をジャケットに写したレコードが発売。10月にはイギリス人のスーパーモデル・ツイッギーが来日し、ミニスカをはき細く長い脚を見せつけたことで、日本人の美脚への憧憬を決定づけたとされる。

「60年代は若者が日本の伝統文化に歯向かう風潮がありましたし、今以上に欧米への憧れが強かったため、新しいファッションであるミニスカが流行したのでしょう」(社会学者の太田省一氏)

 1969年には小川ローザが『Oh! モーレツ』のフレーズとともにミニスカが吹き上がるCMで一世を風靡。映画界では大信田礼子や浜美枝といった美脚を売りにする女優が台頭した。「西野バレエ団」で鍛えた脚線美を見せていた由美かおるもその1人だ。

 脚に1億円(当時)の保険をかけたといわれている朱里エイコも、時代を代表する美脚有名人。この頃、渡米して、各地のショーに出演していた朱里は、現地のマネージャーに「プリティーな部分は強調しなくちゃいけない。あなたの場合は脚だ」と助言を受ける。帰国後、美脚を強調した服装で新曲『北国行きで』を歌うと大ヒットし、NHK紅白歌合戦へ初出場を果たした。

関連記事

トピックス

逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
北の富士氏
病気療養中の北の富士氏が大相撲中継にVTR出演「NHK解説者の後任に元大関・琴風が据えられる動きへの牽制」の見方も
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン