芸能

菅田将暉&二階堂ふみが沖縄料理店個室へ 熱愛の噂は?

沖縄料理店から出てきた菅田将暉と二階堂ふみ

 菅田将暉(23才)と二階堂ふみ(21才)が都内の沖縄料理店で仲睦まじく食事をする様子をキャッチした──。

「今、日本の映画監督がいちばん欲しがっている奇才」(行定勲監督)
「とにかく“今どきの若者”をやらせたら、彼の右に出る役者はいない」(ミッツ・マングローブ)

 菅田将暉、23才。とにかく演技力はピカイチと評される若手ナンバー1俳優だ。ミッツは、長らく若者のイメージの象徴といわれてきた木村拓哉に取ってかわる、ポスト・木村拓哉とも評している。

 最近では月9『ラヴソング』(フジテレビ系)。ヒロインを思い続ける一途な幼なじみ役を演じ、第8話で見せた不器用な告白からのキスシーンは「破壊力抜群」と話題になった。

 昨年は4本の映画に出演。それだけでも充分に多いが、今年は『デスノート 2016』(10月29日公開)など、なんと9本に出る予定だ。

「素朴な青年」「ヤンキー」「女装男子」…そんなカメレオン俳優・菅田が6月上旬の夜、都内の沖縄料理店で、“噂の彼女“と声低く語り合っていた。

「故郷の味を食べたくなったらこのお店に来るという沖縄出身の女優・二階堂ふみさん(21才)と一緒でした。その日、ふたりはあまりお酒は飲まず、プチプチした食感の海ぶどうとか、ちゃんぷるを食べていたみたいです」(店の常連客)

 古民家風の店の2階にある個室。菅田は左目が隠れるぐらい前髪を垂らしていて、全身黒ずくめのコーディネート。向かいに座っていた二階堂も、黒いハットに黒いワンピース。どう見てもお似合いのふたりに、熱愛説が根強く囁かれている。

「2012年に映画で共演して以来の仲です。『週刊文春』で昨年秋に、ふたりで“ストリートゲリラライブ”をしている様子が報じられたり、今年3月には門脇麦(23才)&太賀(23才)カップルとのダブルデートが撮られたりして、一気に交際説が広まりました。直後に揃ってバラエティー番組に出演して、“役者仲間です”と恋愛関係は否定しましたが、その後もふたりっきりでの目撃談が絶えません」(スポーツ紙記者)

『VOGUE JAPAN』(7月号)では「ふたりの逃避行」をテーマに共演。

「ふたりがパジャマ姿でベッドに横になったり、菅田くんの頬にふみちゃんが手を這わせていたりと、ちょっとエロくて…。菅田くんがバックハグしてるカットなんて現実かと見まがうほど自然な感じで、超お似合いでした」(芸能関係者)

 じゃあやっぱり、熱愛の噂は…ふたりを知る人物が言う。

「恋愛とか友人とかの枠を超えて、競争の激しい演技の道を突っ走る『戦友』って感じじゃないですか。ふたり一緒の時には、“あの映画はどうだ”とか“あの人のこのシーンの演技がすごい”とか演技論ばかり。それに音楽や古着好きなど共通の趣味もあるからホントに仲良し。実は菅田くん、超がつくほど人見知りで、特定の人としか遊ばないんです。二階堂さんとの目撃が絶えないのも、そんな理由もあるんじゃないですか」

※女性セブン2016年7月7日号

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン