芸能

オダギリジョー・香椎由宇夫妻に 新たな生命が宿る

新たな生命を授かった香椎由宇

 女優の香椎由宇(29才)が妊娠していることが判明した。この夏から秋にかけて、出産予定だという──。

 やんちゃ盛りの男の子に力いっぱい手を引かれ、コンビニに入ってきたお母さん。男の子はお菓子コーナーで、今日のおやつをどれにするか真剣に考え込んでいる。どこか微笑ましい息子の様子に、母親は優しい視線を送り続けている。店を出たふたりは、またしっかりと手をつないで歩き始めた。母親のお腹は、新しい命を宿してふっくらと丸みを帯びていた。彼女は香椎由宇だった。

「近所を散歩したり、スーパーで買い物をしている姿をよく見かけますよ。お子さんは元気いっぱいで、香椎さんにも笑顔が戻って…」(近隣住民)

 2008年にオダギリジョー(40才)と結婚した香椎は、2011年2月に第1子となる長男を出産。2014年4月には次男が誕生した。

「カメラが趣味の香椎さんは、子供たちと出かけるときには必ずカメラを持ち歩いて、成長をずっと見守っていました。夜、子供が寝る前には、“今日もいい子だったね”ってギュッと抱きしめてあげるのが日課だったそうです」(芸能関係者)

 そんな幸せな家族を苦難が待っていた。昨年4月、1才の誕生日を迎えたばかりの次男が一種の腸閉塞である『絞扼(こうやく)性イレウス』と診断され緊急手術。懸命の処置が施されたが、1才と9日で天国へと旅立った。

「それからの日々は壮絶でした。下の子は生まれつき体が弱かったんですけど、香椎さんは“妊娠中に仕事をしていたせいで、悪い影響があったのかもしれない”って、自分を責めるような言葉を吐露することもありました」(前出・芸能関係者)

 香椎は出演予定だったドラマを降板し、オダギリも撮影を延期して自宅にこもる日々が続いた。

「ふたりを前向きにさせたのは、長男の存在だったそうです。香椎さんは、それまで以上に仕事をセーブして子育てを最優先するようになりました。オダギリさんも、仕事復帰後も休みの日や時間があるときには、とにかく長男と一緒にいるようにしてきたんです」(前出・芸能関係者)

 今年1月、本誌は香椎が仕事関係者と都内のワインバーで食事をしている姿を目撃している。白いトップスに身を包んだ香椎はカウンター席に座り、自身が出演したファッションブランドのCMや2020年の東京五輪について会話を交わしていた。香椎の笑顔は控えめだったが、次男を失った悲しみを少しずつ乗り越えようとしているのが感じられた。

 しばらくして、香椎の体の中に新しい命がやってきたことが判明した。

「この夏から秋にかけて生まれる予定です。妊娠がわかってからは、オダギリさんはこれまで以上に家事や長男の面倒を見るようになり、香椎さんに極力負担をかけないようにしているそうです。お腹が大きくなってからは、香椎さんのお母さんも頻繁に家にやってきて、身の回りのお手伝いをしてくれているそうです」(別の芸能関係者)

 7月上旬のある日、香椎はママ友と連れ立って近所のデパートを訪れていた。帽子を目深にかぶり、サングラスで変装していても、子供同士ではしゃぎ合う長男の姿にいつものように温かい視線を送る。そこには、次男と、そして生まれ来る子供への愛に包まれていた。

※女性セブン2016年7月21日号

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト