• TOP
  • 国内
  • 舛添要一氏 「もちろん自費で」自宅を耐震リフォーム

国内

2016.07.06 16:00  女性セブン

舛添要一氏 「もちろん自費で」自宅を耐震リフォーム

自宅を耐震リフォームした舛添氏

 都内の閑静な住宅街にある一戸建ては、廃墟のようになっていた。警官に囲まれパトカーの出入りもあった物々しい雰囲気はなくなり、人の出入りはほとんどない。窓のシャッターはすべて下ろされ、目につくのは枯れて黒ずんだ観葉植物──。この家の主、舛添要一前都知事(67才)はいったいどこに行ったのか。

「自宅をリフォームされていて、一時的にご家族で転居してるみたいです。奥さんはたまにいらっしゃるようですが、舛添さん本人はめっきりお見かけしなくなりました」(近隣住民)

 舛添氏の辞任を受けて急遽行われることになった都知事選には、元防衛大臣の小池百合子氏(63才)や、前岩手県知事で元総務大臣の増田寛也氏(64才)などの名前があがっている。

 そんななかで、ひっそりと自宅のリフォームを進める舛添氏。自宅の中からは、電動ノコギリや釘を打つ音が響きわたる。

「窓には目隠し代わりにビニールシートなどが張られていて中は見えませんけど、工事が始まって1か月くらい経ちますから結構大がかりなんじゃないですか」(前出・近隣住民)

 トイレやキッチンなどの水回りや、壁に断熱素材を入れる省エネ工事、将来を見据えて室内の段差をなくすバリアフリー化など室内リフォームにもさまざまあるが、舛添邸ではいったいどんなリフォームが進んでいるのか。

「耐震工事をしているとおっしゃってましたね。“もちろん自費で”だそうですけど、当たり前ですよね(笑い)。この間、お風呂の業者さんが出入りしていたようですから、浴室もきれいにしているんじゃないですか」(別の近隣住民)

 ちなみに一戸建ての場合、耐震リフォームの相場はおよそ200万円。浴室まで変えるとさらに50万~80万円出費が増える。

 お風呂で思い浮かぶのは、舛添氏が公用車を使って神奈川県・湯河原にある別邸に足繁く通っていたことだ。その理由を、「都内にある自宅の風呂に比べて湯河原の家の風呂は大きく、足を伸ばせる」と話し失笑を買った。一連の騒動の後、湯河原の別邸は売却すると発表した舛添氏だが、代わりに自宅の風呂を“足が伸ばせるように”リフォームしているのだろうか。

 舛添氏は辞任にあたり、夏のボーナスと退職金で総額約2500万円を手にしている。

※女性セブン2016年7月21日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス