芸能

テレ朝シニア向け帯ドラマ 石坂浩二と元妻、元恋人が共演

倉本聰脚本のシニアドラマに主演する石坂浩二

 テレビ朝日が来春、シニア層に向けた帯ドラマ枠を新設する。その第一弾が老人ホームを舞台にした『やすらぎの郷』。脚本は12年ぶりにドラマを手がける倉本聰だ。

 海を望む山の斜面にひっそりと建つ『やすらぎの郷 La Strada』(イタリア語で「道」の意味)。費用はすべて無料という恵まれた老人ホームだが、入るにはある条件がある。「全盛期のテレビ業界に携わった人」にしか入居が許されないのだ。集まってきたのは、華麗な一時代を築いてきた大スターや放送作家、ミュージシャンやアーティストたち。それぞれがその狭いホームの中で、家族、財産、若き日々への思い、死の恐怖、そして恋愛に翻弄されていく──。

 そんな『やすらぎの郷』で、妻を失った元シナリオライターを演じるのは、『水戸黄門』(TBS系)以来15年ぶりの連ドラ主演となる石坂浩二(75才)。そして、主人公を惑わす“かつての大女優”たちは、浅丘ルリ子(76才)、加賀まりこ(72才)、有馬稲子(84才)、野際陽子(80才)、八千草薫(85才)など、ズラリと「本物の大女優」たちが脇を固めた。

 この豪華なメンバーを見て、何か思い出さないだろうか。恋愛、破局、結婚、不倫、離婚──彼女たちはドラマではなく、現実の世界で昭和芸能史を「色と恋」で彩ってきた。

「主演の石坂さんを中心に出演キャストは過去に恋愛関係などで一悶着も二悶着もあったメンバーです。キャスティングでそれをまったく考えてなかったかといえば、うそになるでしょう。すでに“因縁の共演”だと話題を呼んでいますからね」(テレビ局関係者)

 最大の注目は、石坂と元妻・浅丘、元恋人・加賀という「三角関係」のそろい踏みだ。石坂は1962年、テレビドラマ『潮騒』で加賀と共演。ふたりのヌードシーンが話題を呼んだ。1966年の舞台『泥棒たちの舞踏会』での共演をきっかけに交際をスタート。毎日バラの花を1本ずつ加賀に捧げる熱の上げようで、アイドル並みの人気を誇ったふたりの熱愛はマスコミを賑わせた。

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト