芸能

テレ朝シニア向け帯ドラマ 石坂浩二と元妻、元恋人が共演

倉本聰脚本のシニアドラマに主演する石坂浩二

 テレビ朝日が来春、シニア層に向けた帯ドラマ枠を新設する。その第一弾が老人ホームを舞台にした『やすらぎの郷』。脚本は12年ぶりにドラマを手がける倉本聰だ。

 海を望む山の斜面にひっそりと建つ『やすらぎの郷 La Strada』(イタリア語で「道」の意味)。費用はすべて無料という恵まれた老人ホームだが、入るにはある条件がある。「全盛期のテレビ業界に携わった人」にしか入居が許されないのだ。集まってきたのは、華麗な一時代を築いてきた大スターや放送作家、ミュージシャンやアーティストたち。それぞれがその狭いホームの中で、家族、財産、若き日々への思い、死の恐怖、そして恋愛に翻弄されていく──。

 そんな『やすらぎの郷』で、妻を失った元シナリオライターを演じるのは、『水戸黄門』(TBS系)以来15年ぶりの連ドラ主演となる石坂浩二(75才)。そして、主人公を惑わす“かつての大女優”たちは、浅丘ルリ子(76才)、加賀まりこ(72才)、有馬稲子(84才)、野際陽子(80才)、八千草薫(85才)など、ズラリと「本物の大女優」たちが脇を固めた。

 この豪華なメンバーを見て、何か思い出さないだろうか。恋愛、破局、結婚、不倫、離婚──彼女たちはドラマではなく、現実の世界で昭和芸能史を「色と恋」で彩ってきた。

「主演の石坂さんを中心に出演キャストは過去に恋愛関係などで一悶着も二悶着もあったメンバーです。キャスティングでそれをまったく考えてなかったかといえば、うそになるでしょう。すでに“因縁の共演”だと話題を呼んでいますからね」(テレビ局関係者)

 最大の注目は、石坂と元妻・浅丘、元恋人・加賀という「三角関係」のそろい踏みだ。石坂は1962年、テレビドラマ『潮騒』で加賀と共演。ふたりのヌードシーンが話題を呼んだ。1966年の舞台『泥棒たちの舞踏会』での共演をきっかけに交際をスタート。毎日バラの花を1本ずつ加賀に捧げる熱の上げようで、アイドル並みの人気を誇ったふたりの熱愛はマスコミを賑わせた。

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン