芸能

テレ朝シニア向け帯ドラマ 石坂浩二と元妻、元恋人が共演

倉本聰脚本のシニアドラマに主演する石坂浩二

 テレビ朝日が来春、シニア層に向けた帯ドラマ枠を新設する。その第一弾が老人ホームを舞台にした『やすらぎの郷』。脚本は12年ぶりにドラマを手がける倉本聰だ。

 海を望む山の斜面にひっそりと建つ『やすらぎの郷 La Strada』(イタリア語で「道」の意味)。費用はすべて無料という恵まれた老人ホームだが、入るにはある条件がある。「全盛期のテレビ業界に携わった人」にしか入居が許されないのだ。集まってきたのは、華麗な一時代を築いてきた大スターや放送作家、ミュージシャンやアーティストたち。それぞれがその狭いホームの中で、家族、財産、若き日々への思い、死の恐怖、そして恋愛に翻弄されていく──。

 そんな『やすらぎの郷』で、妻を失った元シナリオライターを演じるのは、『水戸黄門』(TBS系)以来15年ぶりの連ドラ主演となる石坂浩二(75才)。そして、主人公を惑わす“かつての大女優”たちは、浅丘ルリ子(76才)、加賀まりこ(72才)、有馬稲子(84才)、野際陽子(80才)、八千草薫(85才)など、ズラリと「本物の大女優」たちが脇を固めた。

 この豪華なメンバーを見て、何か思い出さないだろうか。恋愛、破局、結婚、不倫、離婚──彼女たちはドラマではなく、現実の世界で昭和芸能史を「色と恋」で彩ってきた。

「主演の石坂さんを中心に出演キャストは過去に恋愛関係などで一悶着も二悶着もあったメンバーです。キャスティングでそれをまったく考えてなかったかといえば、うそになるでしょう。すでに“因縁の共演”だと話題を呼んでいますからね」(テレビ局関係者)

 最大の注目は、石坂と元妻・浅丘、元恋人・加賀という「三角関係」のそろい踏みだ。石坂は1962年、テレビドラマ『潮騒』で加賀と共演。ふたりのヌードシーンが話題を呼んだ。1966年の舞台『泥棒たちの舞踏会』での共演をきっかけに交際をスタート。毎日バラの花を1本ずつ加賀に捧げる熱の上げようで、アイドル並みの人気を誇ったふたりの熱愛はマスコミを賑わせた。

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン