• TOP
  • 芸能
  • 元NHK号泣お天気お姉さん 豪雨レポーターで復帰していた

芸能

2016.07.11 07:00  週刊ポスト

元NHK号泣お天気お姉さん 豪雨レポーターで復帰していた

豪雨レポーターに(『ひるおび!』より)

「号泣お天気お姉さん」として世間を騒がせた気象予報士の岡田みはるアナ(39)が、テレビ界にひっそりと“職場復帰”した。6月30日放送の『ひるおび!』(TBS系)で長崎市の豪雨被害による民家崩落現場のレポーターを務めた岡田アナは、司会の恵俊彰に「現場の岡田さん!」と呼びかけられ、ヘルメットにパーカー姿で画面に登場。約3分間にわたって現地の天候を報告した。

 テロップで肩書きと名前が出たが、“号泣”には一切触れられなかったので、岡田アナと気づかない視聴者がほとんどだったようだ。

 NHK山形放送局のお天気キャスターとして生放送中に大粒の涙を流したのが昨年12月。「現在の鶴岡市の様子を見てみましょう」といったが、画面には関係のない新庄市の様子が映し出された。一瞬、絶句した彼女は訂正してレポートを続けるも、次第に声が震え、右手で涙を拭って「グスッ、グスッ」と生放送中に泣き始めたのだ。3月25日の放送を最後に事実上の“契約解除”となったので、約3か月ぶりのカムバックだ。

 号泣の真相をめぐってはスタッフによる“いじめ”がネット上で噂されたが、その疑惑に対して「当たらずとも遠からず」と本誌(4月15日号)に語ってくれた岡田アナの父親も、娘の復活を喜んでいた。

「知り合いから『出てたね』と電話をもらって初めて知ったんですよ。本人には『出るんだったら電話すればいいじゃないか』と話しましたが、急に出演が決まって電話しているヒマはなかったみたいですね」

 もう生放送中に泣き出す心配はない?

「まあ、そんなことはもうあり得ないと思いますけどね。前の時は、泣き出すなんて『なんで?』と思ってびっくりしたけど」(同前)

 岡田アナはNHK山形を退局後、実家のある長野には戻らず、東京で生活しているという。7月20日には新聞社主催の講演会にも登場予定で、順調に仕事を軌道に乗せているようだ。

 騒動の雨降って地固まったか。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス