ライフ

銀歯をここまで普及させた患者不在の「値段設定」の罪

銀歯が普及したのはなぜか?

「銀歯」は、中高年世代にとって虫歯治療の代名詞。だが、世界的にみると日本独自の特殊な技術であり、虫歯の温床となっていると東京医科歯科大学の田上順次副学長は指摘する。

「詰めた銀歯が外れたり、銀歯の隙間から細菌が入って再び虫歯になるケースがあります。また、以前は銀歯が外れないように大きく削る技術教育が重視されて、虫歯ではない健康な部分の歯も削っていたのです。歯は削ると元に戻りません。削れば削るほど寿命が短くなります」

 そこで田上副学長のグループは、銀歯に代わるコンポジットレジンという、プラスチック系素材を研究開発した。これはペースト状になっているので、歯を大きく削らなくても詰めることを可能にした。

 しかし、レジンの普及はなかなか進まなかった。その背景には「値段」の問題がある。

「レジン治療は技術的に難しく、時間をかけて丁寧にやらなければなりません。にもかかわらず、それに見合う保険点数がつかなかった」(田上副学長)

 患者には「再治療に繋がりやすい銀歯」より、「歯を極力削らずに済むレジン」がいい。だが、多くの歯科医は銀歯治療を選んだ。

 大臼歯1本の虫歯治療の診療報酬を比較すると、その理由がよくわかる。

「レジン治療」の場合(モデルケース、以下同)。
・う蝕歯充填形成/126点
・充填/102点
・コンポジットレジン材料/11点

 合計239点。歯科医の売り上げは「2390円」だ(他に初診料または、再診料、およびレントゲン代が加算される)。

 一方、「銀歯治療」の場合。

・インレー修復形成/120点
・印象採得/62点
・咬合採得/16点
・大臼歯/358点
・接着材セメント/17点
・装着料/45点

 合計618点。「6180円」となる。銀歯の保険点数は、レジンの2.5倍もあるのだ。

関連キーワード

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン