芸能

SMAP 「香取の乱」で25周年コンサートが絶望的

25周年コンサートの行方は?

 異変の兆しはあった。7月16日の『音楽の日』(TBS系)、18日の『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)、ともにSMAPが出演を見合わせた。

「昨年までは5年連続で両番組に出演していたので、各局今年もSMAPにオファーしたのですが…。“今はまだ充分なパフォーマンスができない”という理由で、直前にキャンセルが伝えられたのです」(テレビ関係者)

 特に『音楽の日』は、第1回から一貫して中居正広(43才)が総合司会を担当してきただけに、ファンの落胆は深く、ネット上には悲痛な声が溢れた。

《彼らにとっても愛着のある番組のはずなのに…》
《この2つにさえ出られないってことは、やっぱもうダメなのかな》

 年明けの日本列島を騒然とさせたSMAPの解散騒動から6か月。5人のメンバーはいま、喫緊の時を迎えていた。

 この激動の半年間、日々伝わるグループの動静に一喜一憂してきたファンにとって、“最後の希望”は、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84才)の発言だった。

「解散なんて冗談じゃない。はっきり言っておきますよ。絶対にない。SMAPはわが子と同じですから。ぼくは命を懸けても守る」

 5月3日、彼がプロデュースする舞台の説明会で、ジャニー氏は初めて騒動に言及。当時、来る9月9日にデビュー25周年を迎えるSMAPの「記念コンサート」の開催可否が盛んに報じられていたが、こう断言した。

「盛大にやるべきです。萎縮したり周りに遠慮したりする必要はない。必ずやらなきゃいけない」

 事務所のトップの発言で、解散とコンサートの問題はひとまず終着した。

「実際、11月から全国ツアーを始めるべく事務所は動き出していた。東京ドームやさいたまスーパーアリーナなどに打診しており、ツアー日程が決まり次第、新アルバムのレコーディングに入る予定だといわれていた」(芸能関係者)

 2014年に開催したドームツアーは観客動員100万人、総売上200億円。25周年ツアーとなれば、その数字を超える歴史的な興行になることが予想された。しかし──。

「残念ながら、25周年コンサートは中止になるらしい」。SMAPに縁深い関係者が、今そう話すのである。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン