• TOP
  • 国内
  • Nスペで反響の介護殺人 介護開始早期に殺人に至る理由

国内

2016.07.30 07:00  女性セブン

Nスペで反響の介護殺人 介護開始早期に殺人に至る理由

Nスペで大反響(同公式HPより)

「私もいつ殺人者になるか。恐ろしい日々を送っています」(両親を介護している60代女性)

「父に死んでほしいと願っています。こんな私はひどい人間でしょうか」(父親を介護している50代女性)

 7月3日に放送されたNHKスペシャル『私は家族を殺した“介護殺人”当事者たちの告白』が大きな反響を呼んでいる。

 番組では介護殺人を犯して刑務所に服役したり、執行猶予中だったりする“加害者”がNHKのインタビューに応じ、“追い詰められて、殺すしかなかった”と声を震わせ次々と告白した。

 当初、番組サイドは、意に反して、殺人の肯定と受け取られないかと懸念していたが、放送終了後に届いた200通を超える視聴者からの声は冒頭のような「共感」が多かっったという。ほとんどが実際に介護を担っている女性からで、「他人事とは思えない」と切実な思いを語っていた。

 現在、介護の必要性は増す一方だ。日本人の平均寿命は男性80・50才、女性86・83才(2014年)と世界一だが、「介護の必要などがなく生活できる期間」を表す健康寿命になると、男性71.19才、女性74.21才とグンと短くなる。差し引きすると、日本人は亡くなるまでの10年前後を要介護状態で過ごすことを意味する。

 介護を担う人は550万人を超え、その7割が女性だ。「10年介護」…想像しただけで暗澹たる気持ちになる、その長い期間を走り抜けるために、大切な人をその手で殺めないですむために、私たちは何を知るべきだろうか。

◆介護殺人と介護離職が最も多く、最もつらい

 いつ終わるかわからない介護に疲れ果て、長期間の心労の末に犯行に及ぶ。介護殺人はそうみなされがちだが、実態は違った。

「この結果には私たちも驚きました」

 そう語るのは、先のNHKスペシャルのディレクターである丸岡裕幸さんだ。丸岡さんは全国のNHK記者50人以上とともに、2010年以降に発生した介護を理由にした殺人事件(未遂などを含む)を徹底的に取材した。

 その結果、意外な事実が浮かび上がった。この6年間に発生した138件の事件を追跡すると、介護を始めてから「3年以内」に介護殺人に至るケースが半数を超え、なかでも「1年以内」というケースが4分の1に達したのだ。

 なぜ、介護開始から比較的短い期間で殺人にまで至るのか。丸岡さんは介護初期の「三重苦」を理由に挙げる。

「介護経験がなく不慣れな人が多く、どうしても最初の負担が大きくなります。しかも、赤ちゃんの育児は“できること”が増えて楽しいですが、介護は“できないこと”が増えて気が滅入る。さらに介護初期は相手が元気だった頃に近く、“一生懸命リハビリすればきっと回復する”と思い込みがちで、状態が戻らないと絶望感が強くなります。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス