• TOP
  • 国内
  • 植松聖容疑者の言動 危険ドラッグ常用者の「気付き」に酷似

国内

2016.08.06 16:00  NEWSポストセブン

植松聖容疑者の言動 危険ドラッグ常用者の「気付き」に酷似

植松容疑者の言動には偏った傾向が見られた(Twitterより)

 神奈川県相模原市で起きた元介護職員による殺傷事件は、日数が経ち、様々な情報が追加されても、いったいなぜ、このような凄惨な事件を起こすに至ったのか不明なままだ。容疑者の身勝手な言葉から、危険ドラッグが容疑者の言動に及ぼした影響について、『脱法ドラッグの罠』著者のライターの森鷹久氏が考察する。

 * * *
<植松容疑者から大麻の薬物反応 今年2月の措置入院時>

 これは神奈川県相模原市の障害者福祉施設で起きた戦後最悪の殺傷事件を報じる際に、朝日新聞がウェブ版に7月26日の午後2時半、つまり事件発生からおよそ12時間後に出した記事の見出しだ。

「違法薬物である大麻を使用していた犯人が、凶行を犯した」

 読者の多くがこう感じるであろうが、これは事実でもあり、一方で非常に作為的な記事にも思える。というのも、植松聖容疑者(26)の姿は、危険ドラッグとそれをめぐる人や出来事をずっと追い続けて来た私が繰り返し見た、典型的な「危険ドラッグ愛好者」の行動パターンとそっくりだからだ。彼らは、ダウナー系になる大麻を日常的に使用する者にはあまりみられない特徴を持っている。

 かつて脱法ハーブという呼ばれ方をした頃には様々な系統が存在していた危険ドラッグだが、取り締まりが厳しくなり「危険ドラッグ」という呼び名が広まった頃から現在は、神経を過敏にしてテンションを高めハイにするものばかりが流通している。その、神経を高ぶらせるタイプの危険ドラッグ常用者と同じ特徴を植松容疑者は見せている。実際に植松容疑者には、大麻以外に、大学生時代から最近まで「危険ドラッグ」を日常的に使用していたという知人の証言もある。

 危険ドラッグを用いたことにより、ある日突然に、世間やネット上にあふれる何気ないフロー情報から真実を「発見」出来ると彼らは言う。危険ドラッグ愛好者の間でそれはしばしば「気付き」とも称されている。これまで、数多くの危険ドラッグ使用者の話を聞いてきたが、彼らの大変に身勝手な「持論」の数々は、今回、植松容疑者がネット上に残した言葉や、取り調べで話す「動機」とぴったり符合するのである。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス