芸能

高畑裕太容疑者、業界内で広まっていた悪癖 母は新居建築中

高畑裕太容疑者の酒癖の悪さは業界内でも有名だった

《親バカでありんす》という言葉と共に、膝をついて謝罪ポーズ──。高畑淳子(61才)のブログでは、わが子の出演作をひとしきり宣伝した後、こんなふうに締めることが恒例になっていた。さりとて、今回ばかりはおちゃめな謝罪で済みそうにはない。

 8月23日、高畑の息子で俳優の高畑裕太容疑者(22才)が強姦致傷の疑いで逮捕された。同日未明、ロケ先で滞在していた群馬県前橋市のビジネスホテルの客室で、40代の女性従業員の手足を押さえつけて強姦、指にけがを負わせたという。

「被害女性は、裕太容疑者の依頼で備品の歯ブラシを部屋に届けに行った際、いきなり手首を捕まれて部屋に引きずり込まれたそうです。彼女の知人男性が110番通報し、県警が事情を聞いたところ容疑を認めたため、御用となった。当夜は相当飲んでいたといいます」(全国紙記者)

 裕太容疑者は警察の取り調べに対し、「女性を見て、性欲を抑えられなかった」と答えているという。

 NHK朝ドラ『まれ』の主人公の幼なじみ役でブレークし、現在放送中の連ドラ『仰げば尊し』(TBS系)をはじめ、バラエティーや舞台など引っ張りだこ。礼儀正しくさわやかで、母想いの注目若手俳優――そんなイメージは、今回の逮捕劇で霧散した。

 高畑は2人目の夫との間に長女のこと美(29才)と裕太容疑者を生んだ後、離婚。女手一つで2人の子供を育ててきた。

「特に裕太さんは手がかかったそうです。3才からアトピーと闘い、中学時代は淳子さんが“魔の反抗期”と話すくらい、毎日怒鳴り合いのけんかをしていたそうですから。高校に上がり野球に熱中するようになると、だいぶ落ち着いたようですけどね」(高畑家を知る芸能関係者)

 卒業後、短大に進学した裕太容疑者はバンド活動を開始、俳優業にも興味を示し始めた。

「高畑さんは全ての撮影現場に裕太さんを連れて行き、挨拶して回っていました。“音楽活動もしているのでぜひ見てやってください”と売り込みまくりで、スタッフも苦笑いでしたね。裕太さんがオーディションを受けるたびに、自分の息子がどれだけすばらしいかを周囲に猛アピールしてきたそうです」(前出・芸能関係者)

 冒頭のように、高畑のブログには、息子の出演番組の宣伝・感想がたびたび綴られてきた。

《息子、高畑裕太は本日21時~『あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない』に出演いたします。入魂の作品であります》
《我が息子、高畑裕太の芝居に胸打たれます…》

 だが、高畑の宣伝活動をよそに、裕太容疑者の“悪癖”は業界内でじわりと広がっていた。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン