芸能

『真田丸』吉田羊 役名間違えて土下座した大泉洋の秘話語る

夫・信幸役の大泉洋との共演シーン

 豊臣秀吉という天下人の死により、真田親子の運命が大きく揺らいだ――。いよいよ親子が敵味方にわかれる関ヶ原の戦いが近づき、盛り上がりを見せるNHK大河ドラマ『真田丸』。この戦いの最中、女性ならではの機転や豪傑さを見せるのが、真田信幸の妻・稲(小松姫)だ。稲を演じる吉田羊が、夫役の大泉洋とのコミカルなやりとりや、主演・堺雅人絡みのちょっと意外なエピソードを語った。

――稲役のオファーが来たときの感想は?

吉田:三谷(幸喜)さんから直々に連絡をいただいて、稲がどんな人物か、家系図のような感じで詳しく教えてくださったんです。私は『真田丸』で大河ドラマは3回目ですけど、これだけ長い人生を演じるのは初めてなので、やっとこういう役をやれるなという嬉しさがありました。

 一緒にお仕事をしたことがある三谷さんだからこそ楽しみでしたし、三谷さんは基本的に当て書きなので、吉田だったらこういう風に演じるんじゃないかという思いで書いて下さると思ったので、その安心感も大きかったです。

――三谷さんのこれまでの脚本の印象は?

吉田:基本は役者のことをすごく大事にしてくださっていて、愛してくださっているなという印象です。でも、三谷さんの頭の中にその役ができ上がっているので、その通りにやってもつまらない。そこを超えていきたいという思いが、俳優としてはあるんです。

 三谷さんの脚本は、書かれているものをそのまま演じれば、間違いなく面白いんです。だけど、それで終わるわけにはいかないというか。俳優としての想像力、演技力が鍛えられる作家さんだなと感じます。

 今回の『真田丸』に関しては笑いの要素は少なめではありますが、三谷さんはコメディを得意とする方ですよね。戦物語の中でもクスッと笑わせたいという意図の見えるシーンもあります。そうであれば演じる方も、三谷さんを笑わせたいという思いがわくわけです。

――三谷さんのイメージ通りではつまらないというところで、なにか手ごたえは?

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン