芸能

フジテレビ 女子アナ王国復権へ来春「ツインタワー」が入社

来週入社予定の久慈暁子さん(ブログより)

 かつて「女子アナ王国」と呼ばれたフジテレビの崩壊が止まらない。視聴率低迷にあえぐ同局だが、悩ましいのは数字だけではない。今年4月には、絶対エースだった加藤綾子アナ(31)が退社。ポストカトパンと期待された永島優美アナ(24)は伸び悩み、いまだベテランの生野陽子アナ(32)に頼らざるを得ない深刻な人材不足に頭を抱えているのだ。

 だが、ここにきてフジテレビが「王国」復権に動き出したという。その秘密兵器とされているのが2017年4月に入社予定の“ツインタワー”である。

「フジテレビ夏の恒例イベント『お台場みんなの夢大陸』にお手伝いとして、来年入社予定の2人が参加していたんですが、そのスタイルは際立っていました。アナウンサーというよりはモデルという感じでした」(フジ関係者)

 ひとりは久慈暁子(22)だ。元『non-no』で活躍したプロのモデルだけあり、身長166センチとスタイル抜群。日ハム・大谷翔平と同郷ということでも話題となった。内定が決まっていた日テレを蹴ってフジを選んだという噂もあるツワモノだ。

 今回判明したもうひとりの内定者がミス学習院2015に輝いた経歴を持つ海老原優香(22)だ。ショートカットのよく似合う、夏目雅子似の美貌もさることながら、目を引くのは169センチという身長である。フジ幹部がこう明かす。

「近年、人材の多様化を狙い、様々な大学から女子アナを採用してきたが、なかなか結果が出ない。アヤパン、ナカミーが在籍していた頃の黄金期回帰を目指したアイドル路線もいまいちだった。そこで来年は背が高くスレンダーな“モデル路線”に戦略をシフトした」

 ツインタワー効果で王座奪還となるか。

※週刊ポスト2016年10月7日号

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン