• TOP
  • 国内
  • チケット転売対策 顔認証システムや電子チケットが導入中

国内

2016.10.19 07:00  女性セブン

チケット転売対策 顔認証システムや電子チケットが導入中

◆スマホ画面に直接スタンプを押す電子チケット

 チケットの電子化も転売対策に有効になる。さまざまなアーティストがチケット電子化を進めているが、中でもユニークで画期的なのが、コブクロやサカナクションなどが取り入れている電子チケットアプリ・EMTGチケットだ。スマートフォンのチケット画面に専用の電子スタンプを押すと、入場済のマークがスマートフォンに現れる。専用の電子チケットアプリを起動しなければスタンプが押せないため、これまでのQRコードを使った電子チケットで問題となっていた画面のスクリーンショットや画像転送などの不正行為についても防止することができる。

 また、都合が悪くなって行けなくなったコンサートのチケットをファンクラブの会員同士が定価で取引できるチケット取引サービスもついている。

 電子チケットがいくら便利でも、コンサートに行った記念になるから紙のチケットのほうがいいという人もいるだろう。そういった思い出を残したい人のために用意されているのが、『メモリアルコレクション機能』だ。参加したライブの曲順や、ライブ終了後の本人からのコメント動画、ライブレポート、来場のお礼メールなどをパソコンやスマートフォンから楽しむことができる。

「電子チケットと思い出を残せるサービスをセットで提供することで、コンサートが終わった後も余韻を長く楽しむことができます」

 今後は転売屋が暗躍できないよう、チケット販売システムを整備し、チケット価格の多様化など、多くの人がコンサートをより楽しめる仕組みを作っていきたいそうだ。

※女性セブン2016年10月27日号

関連記事

トピックス