• TOP
  • 芸能
  • 中井貴一 僕が今でも電車に乗る理由

芸能

2016.10.23 07:00  週刊ポスト

中井貴一 僕が今でも電車に乗る理由

映画『グッドモーニングショー』に主演中の中井貴一

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、現在公開中の映画『グッドモーニングショー』にも主演する中井貴一の言葉から、「今でも電車に乗る理由」について語った言葉をお届けする。

 * * *
 1981年の映画『連合艦隊』で俳優デビューした中井貴一は、1983年の映画『父と子』で小林桂樹と父子役で共演している。

「東北地方を移動書店で回る親子という設定で、撮影は一か月ずっと東北でしていました。その間、小林さんは僕を毎夜、飯に連れていってくれたんです。その時『就職するか?』って聞かれました。当時僕も二十歳くらいで、『役者としてダメだったら就職したい』と言ったところ『それなら口を利く』と。飯を食う度にその話をされるんです。

 遠回しに『役者に向いてない』と言われてるんじゃないかと思いまして、三十日の撮影のうち、二十日過ぎたくらいには就職をお願いする気になっていました。
 
 ところが、最後に飯に連れていってもらった時、『俺はさ、貴一ちゃん。お前に役者になってもらいたい』って言うんですよ。『これからの時代はアウトローが主役をする時代になる。俺らの頃はサラリーマンが主役だった。サラリーマンがいるから、アウトローも存在できる。サラリーマンを演じられる人間がいなくなったら、アウトローも存在しない。お前には、王道を歩む俳優になってもらいたい。

 アウトローに比べ、正統派と言われる俳優は、評価はされない。でも、お前はそれを貫ける。それを貫いた時、周りのアウトローは輝ける。アウトローの時代に、みんながアウトローしかできなかったら、映画は輝けない。お互いが分をわきまえることで映画の成功はある。お前には、その道を歩んでほしい』と。

 その時、小林さんの真剣な目を初めて見ました。それまでの二十九日は、この時の振りだったんですね。その言葉で、僕は役者を続けようと決めました。

 三十歳になる頃は、小林さんの言ってくれたことをどこまで貫き通せるかやってやろうと、ずっと思ってきましたね」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス