芸能

織田裕二、妻と一緒に反町夫妻別荘へ出かけるほど仲睦まじい

“偽装結婚”を疑われたこともあった織田裕二

 柴門ふみ作・『東京ラブストーリー』に登場したキャラクターの25年後を描く『東京ラブストーリー After25years』が、女性セブンで連載(全7回)。『東京ラブストーリー』といえば、ドラマ版を思い出す人も少なくないだろう。「カンチ」こと永尾完治を演じた織田裕二も48才となり、今や既婚者だ。そんな織田の姿が目撃されたのは、雨の降る東京・赤坂。傘も差さずに濡れながら手をあげていた。タクシーが止まると軒先で待たせていた妻を呼びに行き、後部座席奥にエスコートする。

 今では当然のように貫禄ある大人の男の顔をみせていたが、かつては吉田栄作(47才)、加勢大周(46才)とともにトレンディードラマの「平成御三家」といわれていた。

 熱血、キッパリ、こだわり男と評される最近とは異なり、当時のイメージは“優柔不断そうな優男”。

「『東ラブ』で押されればリカにいき、泣かれればさとみにいくのに、なぜか憎めなくてかっこいい。その前に中山美穂さん(46才)と共演していた『卒業』(TBS系)でもそうでしたが、いかにもかっこいいというトレンディー俳優ではなく“等身大”の姿が見事にハマッた」(ドラマ関係者)

 そのイメージはすぐに変わる。『振り返れば奴がいる』(フジテレビ・1993年)では笑顔を見せない孤高の医師を、『踊る大捜査線』(フジテレビ・1997年)では熱血漢の刑事を。『世界陸上』のメーンキャスターでは別の顔を見せた。現在放送中の『IQ246』(TBS系)では天才的な推理をする貴族の末裔を演じるが、現場でのこだわりはもう知られたところだ。

「大御所ですからね。『踊る~』時代には柳葉敏郎さん(55才)との衝突がよく話題になりましたが、織田さんがセリフを変更したり、共演者の演技に注文をつけたりするのは折り込み済み。彼のこだわりです。

 今回も座長として共演者の土屋太鳳さん(21才)やディーン・フジオカさん(36才)に指南していますが、いいチームでやっていますよ」(前出・ドラマ関係者)

 プライベートはというと、織田は色恋の話が一切なかった。

「『真昼の月』(TBS)で共演した常盤貴子さん(44才)と一瞬報じられたことがありましたが、それも噂ばかり。だから、6年前に結婚した時には“偽装婚”じゃないかといわれたくらい鉄壁の男でした。

 でもフタをあけて見ると普通に夫婦で(笑い)。一緒に食事はもちろん、松嶋菜々子(43才)・反町隆史(42才)夫妻の別荘に夫婦で遊びに行ったり仲睦まじいですよ」(織田の知人)

 大人になったカンチは優柔不断は卒業していた。

※女性セブン2016年11月24日号

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン