• TOP
  • ライフ
  • 【著者に訊け】和田裕美氏 初小説『ママの人生』

ライフ

2016.12.10 16:00  週刊ポスト

【著者に訊け】和田裕美氏 初小説『ママの人生』

和田裕美氏が初小説『ママの人生』を語る

【著者に訊け】和田裕美氏/『ママの人生』/ポプラ社/1400円+税

 外資時代は契約成約率98%、ビジネス書の著書発行部数200万部超といった数字と、目の前のよく笑いよく話す女性が、どうも重ならない。

「私の場合、実績しか誇れるものがないので仕方ないんですけど、数字だけ見られると相当イヤな女だと思われるみたいで(笑い)」

 そんな和田裕美氏の人気の秘密を、初小説『ママの人生』に垣間見た気がした。

〈ママは、わたしが小学校二年生のときからわたしだけのママじゃなくなった〉とあるように、本書は生前、京都でスナックを営んでいた自身の母をモデルにした半自伝小説。茶髪にミニスカートがよく似合うママは主人公〈保美(ほのみ)〉と〈おねえちゃん〉、そして〈パパ〉がいながら常に恋をしては失敗することを繰り返し、それでいて間違っていない。

 一言で言えば〈自由〉なのだが、その孤独や責任も全部受け止めて、人は誰しも1人という事実をみんなと生きる、みんなのママ。そんな愛すべき遺伝子が、伝説の営業ウーマンにも確実に受け継がれている。

「皆さん、どうせビジネス書作家の小説だろうと期待値ゼロで入るのか、読んで頂いた方からは『思ったよりいい小説だった』って、よく言われます(笑い)。

 なぜ小説かといえば、ある時、ビジネス書なんて全然好きじゃないのに私の担当にされちゃった女性編集者と企画の相談をしていて、『私の母はとにかく面白い人だった』という話になったんです。そうしたら『その話、ぜひ小説で読んでみたいです』って。彼女はそれこそビジネス書作家に小説を書かせるくらい、冒険する人だったんです」

関連記事

トピックス