• TOP
  • 芸能
  • 音楽家志望の木村拓哉長女「なれなかったら声優かな」

芸能

2016.12.16 11:00  女性セブン

音楽家志望の木村拓哉長女「なれなかったら声優かな」

拓哉・静香の長女はインターンでアパレル店員を経験

 SMAPの木村拓哉(44才)と工藤静香(46才)の長女(15才)が、「インターン」として、都内のアパレルショップで働いていたという。インターンとは、インターンシップの略で学生が就職前の一定期間を実際の企業などで働き、職場の雰囲気や仕事のやり方を学ぶこと。欧米では多くの学生が経験するが、近年は日本でも普及し、大学生だけでなく高校生が社会勉強として行うケースも増えている。

 東京・代官山。高級住宅街からほど近く、人気ショップが建ち並ぶこの町は、散歩したり、ショッピングする芸能人の姿も珍しくない。その一角にある有名セレクトショップに両親が揃って挨拶に来たのは初夏のことだった。「よろしくお願いします」とスタッフに頭を下げる。

「もともとショップのオーナーと古いつきあいで、家族ぐるみの親しい仲だった。“まだ15才。他の店なら心配だけど、ここなら安心して任せられる”とインターンをお願いしたそうです。でもいつもの静香さんと木村さんの様子とは違う。神妙な様子で、お嬢さんのことを心配する気持ちが伝わってきました」(事情を知る関係者)

 音楽の道で生きて生きたいと話しているという長女。2017年にはフランスへの留学を真剣に検討しているという。そんな長女は日本で過ごす最後かもしれない夏休みを利用してセレクトショップで働き始めた。

「初めて長女を見た店員たちの第一印象は、“ピュアなお嬢様”。15才の割に幼いというか化粧っ気もまったくなく、無邪気な雰囲気だったとか。それでも、最初の自己紹介の時、15人ほどいた店員の名前を長女は1度で覚えたらしく、“聡明な子だな”と驚かれたそうです」(前出・関係者)

 週に5日、ショップのオープン11時の約1時間前に出社し、午後5時まで7時間の勤務形態。本名ではなく、ニックネームを名乗った以外は、普通のアルバイトと変わるところなく、「キムタクの娘」ということを知らない店員もいたという。

 インターナショナルスクールに通っているためか、苦手にしていたのが敬語だった。しかし、インターンを通じて徐々に変わっていった。

「彼女は敬語を使わなくても違和感がありませんでしたが、インターン期間が終わる頃には上手に使いこなしていたみたいです。接客係ではなく主にバックヤードで働いていたようですが、楽しくてたまらない様子だったみたい。服をたたんだり、在庫をチェックしたり。もともと物怖じせず、人なつこい明るい雰囲気の子なので、スタッフのみなさんとも家族の話もオープンにしていたみたいですね。愛犬の写真を見せたり、本当にうれしそうだったようです」(静香の知人)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス