• TOP
  • ライフ
  • 【書評】遊び感覚で芸能界のしきたりを壊した自負みなぎる書

ライフ

2016.12.20 07:00  週刊ポスト

【書評】遊び感覚で芸能界のしきたりを壊した自負みなぎる書

【書評】『まわり舞台の上で  荒木一郎』/荒木一郎・著/文遊社/3200円+税

【評者】平山周吉(雑文家)

 一九六〇~七〇年代のサブカルチャーシーンが圧倒的に蘇ってくるインタビュー本の秀作である。

 荒木一郎はシンガーソングライターのはしりである。デビュー曲「空に星があるように」から五十年だという。東映や日活の映画では存在感ある役者であり、『ありんこアフター・ダーク』の小説家でもあるマルチな荒木一郎の、「不良性感度」全開の語りは、タブー抜きで、とどまることを知らない。

 NHKのスタッフと喧嘩になり四度も出入り禁止となった十代の頃から、一家言ある早熟の才能だったことがわかる。強制猥褻致傷容疑で逮捕(後に不起訴)になっても、飄々として不敵な面構えは変わらない。音楽界や芸能界に巣食うしきたりを、「ぶっ壊す」歴史的な役割を果たしたのは自分だ、という自負がみなぎる。それも遊び感覚の自然体なのだ。

 巨匠や有力者にも物怖じはしない。大島渚監督の「日本春歌考」に主演した時は、大学生が書いたシノプシスが気に入ったから出たまでで、大島ブランドには否定的だ。大島の「愛のコリーダ」の出演依頼には、「一人の女とずっとやるのやだ」と断った。

 完璧主義の倉本聰の「たとえば、愛」では、例外的にセリフを変えてもいいという倉本の特別許可が出る。「それじゃアンフェアで面白くない」と、セリフは一字一句変えず、「倉本節じゃなく見せる」という挑戦をやるへそ曲りである。「もうちょっと僕が謙虚にやってれば、日本を代表するスターになれたかもしれないけれどもね(笑)」とは、本気とも冗談ともつかない。

 傍若無人そのもののような荒木だが、実はプロデューサー志向が強かった。誰もが手を焼いて敬遠する桃井かおりのプロデューサー兼マネージャーを引き受けて、桃井をブレイクさせる。「桃井かおりのやったマイナス点の処理」で「修行」になった数年間だった。上には上がいる!

 荒木が表舞台から消えて約三十年がたった。この本は「日本のエンターテインメントはなくなってる」という告発の書でもある。

※週刊ポスト2016年12月23日号

関連記事

トピックス