• TOP
  • 芸能
  • スマホのタテ動画、アイドル文化と馴染みやすい

芸能

2016.12.31 16:00  NEWSポストセブン

スマホのタテ動画、アイドル文化と馴染みやすい

■スマートフォンに特化したタテ動画は、なぜ増えている?

 アイドルユニットlyrical schoolがスマートフォン専用のタテ型MVをリリースしたことをきっかけに、最近はアダルト業界にもタテ動画が登場しており、Instagramの投稿でもタテ動画が流行しています。中でも、LINE LIVEがスマートフォンのユーザーにターゲットを絞り、タテ動画のみの配信に振り切ったのは大きな変化でした。

 スマートフォンの普及は数年前から進んでいますが、感覚的に操作できることから、お年寄りや子供の使用にも向いており、今後は一昔前のテレビのように定着するメディアになることが予想されます。

 そうした敷居の低さから、スマートフォンでの視聴に適したタテ動画が生まれたのはわかるのですが、個人的には「横にして見たらいいのでは……?」と、慣れないタテ動画にそわそわしていました。しかし、タテ動画には、映っている人を近くに感じる特徴があることに気が付いたのです。

 スマートフォンでタテ動画を撮影しているアイドルの女の子は、「背景に余計なものが映らなくて、自分だけ大きく映るところが良い」と話していました。実際に撮影してみると、写真でも横位置だと背景も含めた全体の様子を映すことになりますが、タテ位置にすると人物の状況だけがダイレクトに伝わることがわかります。

 タテ動画の場合も、自撮りをする時は、写真と同じようにななめ上から撮影するのが基本のようです。自撮りは本人達が知り尽くしている良い角度で行なわれるため、ガラケーが主流だった頃から、プロのカメラマンさんが僕たちでは勝てないと口にしていました。

 他者が撮影する時でも、タテ動画はとにかく背景を映さず、人物に寄った映像が人気のようです。たしかに改めてスマートフォンで見てみると、近くに感じるどころか、自分が撮影しているような気分にすらなります。

 LINE LIVEで公式番組を配信しているスタッフさんによると、タテ動画の撮影は専用スタジオではなく、オフィスの廊下でも充分行なえるそうです。そのくらい余分な背景が映り込まないのです。さらに出演者が複数人いる場合は、画面を二分割して、引きと寄りの映像を同時に映します。

 ただし、視聴者の反応が良いのは寄りの映像だそうで、このことからも画面の中を近くに感じたいニーズが伝わってくるようです。

 これまでにも、ニコニコ生放送やツイキャス、SHOWROOMなど、ネットでの動画配信は、アイドルとそのファンが利用したことが、普及に大きな役割を果たしてきました。アイドル文化は距離感の近さが特徴なので、「近さ」が重要な動画配信と相性がよいのでしょう。

 2017年は、タテ動画から有名になるアイドルが登場するのでしょうか。そしてここまでいろいろ調べた私は、実際にタテ動画に慣れることができるのでしょうか……。

関連記事

トピックス