ビジネス

2017.01.25 07:00  週刊ポスト

投資家注目の「AI」関連、本命銘柄は?

投資家注目のAI銘柄は?

 今後、上昇が期待できる投資環境が整っていくとすれば注目すべき銘柄は何か。投資のエキスパートたちはどんな基準で選び抜いているのか。

 昨年11月からの上昇相場の中で、投資家の間で欠かせないキーワードがある。その筆頭格が「AI(人工知能)」だ。

 連日のように新聞やビジネス誌などの経済面で取り上げられる自動車の自動運転はまさにその象徴。普及が広まるロボット掃除機なども代表的なAI商品だ。日本の自動車メーカーや電機メーカーは惜しみなく開発に資金を注ぎ込んでいる。

 投資情報サイト「カブ知恵」代表の藤井英敏氏はこう語る。

「AI分野が無限大の可能性を秘めていることは言うまでもありませんが、加えて安倍政権が第4次産業革命の中核技術に掲げていることから、政策の全面バックアップを受けていることも大きなプラス材料です」

 中でも藤井氏がAI関連銘柄の「本命」と見るのがメタップスだ。

「AIを組み込んだ商品の製造メーカーに目が行きがちですが、株価上昇に妙味があるのは世間に名が知られていなくてもAIそのものを開発する企業。AI研究開発に注力するメタップスは、みずほフィナンシャルグループと業務提携するなど、今後の事業拡大が見込まれています」(藤井氏)

 AIと並ぶ投資テーマとなっているのが「IoT(=Internet of Things)」。“モノのインターネット化”の略称で、さまざまな物体に通信機能を持たせて利便性を高め、新たな価値を創造する仕組みだ。市場規模は5年以内に現在の2倍超になると見込まれている。

 SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリストの藤本誠之氏はこう話す。

「AI同様、投資家の関心を集めるのはシステム開発に関わる企業ですが、用途が時勢に適っているかどうかを加味したい。例えば、高齢化に悩む農業ビジネスに進出するネクスグループは上昇余地が大きいと見ています」

 藤井氏と藤本氏が「今後買いが進む分野」と口を揃えるのが、「フィンテック」だ。「金融(ファイナンス)+技術(テクノロジー)」の造語で、今やインターネット決済などの金融サービスは一般の消費活動でも欠かせないサービスである。

「今後はビットコイン(仮想通貨)に関連する分野に注目です。昨夏、メガバンクトップの三菱東京UFJ銀行がビットコインに参入することが金融業界の大ニュースとなりました。すでに仮想通貨取引所に参画実績があるSJIなどに上昇期待があります」(藤井氏)

 また、これらの技術に欠かせない半導体分野も成長が有力視され、「今や世界最大の“半導体消費国”となった中国向けに輸出するローツェ、アドバンテストなども外せない」(藤本氏)という。

※週刊ポスト2017年2月3日号

関連記事

トピックス