• TOP
  • 国内
  • 年下彼氏の浮気が発覚!相手の洋服切り刻んだ激しい女性

国内

2017.02.03 07:00  女性セブン

年下彼氏の浮気が発覚!相手の洋服切り刻んだ激しい女性

「自分を変える」57才女性の告白手記(写真/アフロ)

 どんなに辛い人生でも、乗り越えて前向きに生きて生きたい──。そう考えた女性が、苛烈な半生を振り返る。東京都の吉村春江さん(57才)が告白する。

〈本稿は、「自らの半生を見つめ直し、それを書き記すことによって俯瞰して、自らの不幸を乗り越える一助としたい」という一般のかたから寄せられた手記を、原文にできる限り忠実に再現いたしました〉

【前回までのあらすじ】
 高2で恋した数学教師と結婚。彼は学校を辞め、公認会計士の資格を得て独立。3人の子供にも恵まれた。しかし、幸せはここまで。夫は変貌し、渡される家計費はずっと1日2000円。たまらず夫のキャッシュカードから5万円引き出した後に帰宅すると警察官が。夫は「この女は泥棒。逮捕して」と迫った――。

 * * *
 3人の子供を連れて、離婚を考えたとき、真っ先に浮かんだのは母親の顔でした。血とは恐ろしいものです。

 久しぶりに母親の住むマンションに行き、何から話そうかためらっていると、「離婚かい?」といきなりでした。

 驚く私に、「自分がお腹を痛めた娘だもの。何考えているかくらいわかります。協力しましょう」と言い、すぐに2DKの小さな中古マンションを購入してくれました。

 問題は夫です。離婚を切り出すと、「お前に何ができるんだ」と鼻で笑うだけ。まるで取り合ってくれません。

 家を出る日を、子供の学年が変わる春休みと決めると、私は家中の掃除を始めました。一日中、こまねずみのように掃除する私から、夫は何かを感じたのでしょうか。いつもテーブルに千円札を2枚置いて仕事に行くのに、私たちが家を出る日に限って千円札が3枚、扇のように広げて置いてありました。

 家庭裁判所に離婚の調停を申し込んだものの、夫は一度も現れず、子供1人当たり3万円の養育費を受け取ることで、離婚が決まりました。

◆面接が終わると「相談に乗りますよ」と70代の社長に肩を抱かれた

 3人の子供と新生活を始めるには、まずは先立つもの、お金です。早速、職探しを始めました。しかし大学は出ていても、就職経験もなく、3人の幼い子供を抱えている私を正規雇用してくれる会社はどこにもありません。

 一般事務で応募した個人経営の会社では、面接が終わると「困っているなら、相談に乗りますよ」と70代の社長に肩を抱かれたことも。

 そしてやっと見つけたのは、有名中華料理店のアルバイト。夜遅くまで、怒鳴り声が飛び交う厨房を這いつくばるように働いて、時給は900円。

 それでも、ようやく次女を保育園に預けて親子4人の暮らしが回り出しました。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス