• TOP
  • 芸能
  • エランドール賞を坂口健太郎、高畑充希、波瑠らが獲得

芸能

2017.02.10 16:00  女性セブン

エランドール賞を坂口健太郎、高畑充希、波瑠らが獲得

エランドール賞を受賞した坂口健太郎

 2月2日、第41回エランドール賞の授賞式が行われた。「エランドール」=フランス語で「黄金の飛翔」を意味するこの賞は、日本映画テレビプロデューサー協会が選出するもの。2017年の新人賞はすでに活躍しているスターたちが栄冠に輝き、表彰のステージに立った。受賞者たちの気になる発言は…。

 赤いドレスの高畑充希と、ドラマの役柄の都合で金髪の坂口健太郎は本誌・女性セブンのスクープで発覚したとってもお似合いの2ショット。高畑は「スピーチどうしよう」と舞台裏で話したことを明かした。これに対して坂口は交際の核心に触れずに、「仲よくさせていただいています。何作かご一緒させていただいたので…」とさわやかに語った。

“ムズキュン”の言葉と共に大ブレークした星野源。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のことを「自分にとって、この先大事な地点として何度も思い返して、初心を 忘れずがんばっていきたいと思える作品で受賞できたのが嬉しい」と語り、フェンディの刺しゅう入りのロングドレス(52万8120円)を着た共演の新垣結衣から祝いの花束を贈られた。

 そして、「ヒロインや主役とはほど遠い場所にいた私がこんな場にいるなんて…」と感激を語ったのが波瑠。NHK連続テレビ小説『あさが来た』などの活躍が認められた。モノトーンのドレスが清楚。かつて坂口との交際が噂されたこともある。

 現役の高校3年生で、卒業を間近に控えた広瀬すずはクリアなイメージそのままのジャンプスーツで登場。映画『ちはやふる』の続編が控えているため、セミロングの髪形に戻すために、「(頭皮や髪に)刺激を与えます」と宣言した。

 メガネ姿とメガネなしの2つの姿を見せたディーン・フジオカ。会場からはひときわ大きな歓声を受け、「見たいと言ってくださる人がいて成り立つ仕事。13年前香港で仕事を始めて今、新人と呼んでいただけるのはとてもありがたいことです。これからもチャレンジを続けていきます」と熱く語った。

 さらに最新のニュースとして、ディーンが4月から報道情報番組『サタデーステーション』(テレビ朝日系)への出演が決まったことが飛び込んできた。高島彩アナと、“インフルエンサー”(影響力のある人)として共演する。ディーンが出演中のファンタジードラマ『精霊の守り人 悲しき破壊神』(NHK総合 毎週土曜よる9:00~9:58)。 内紛の絶えないロタ国の国王の弟、イーハンを演じている。これはその回想シーンで、トリーシア(壇蜜)と恋に落ちたイーハンを描いたもの。トリーシアはアスラ(鈴木梨央)の母。異能の力を持つ娘のために禁を犯して神域に侵入、処刑されるという悲しい運命に翻弄された女性だ。

撮影■小彼英一

関連記事

トピックス