• TOP
  • ビジネス
  • スーパーがメーカーから仕入れる既製品を激安で売るカラクリ

ビジネス

2017.02.19 07:00  週刊ポスト

スーパーがメーカーから仕入れる既製品を激安で売るカラクリ

スーパーには複雑な値段のからくりが存在する

 我々の食生活を支えるスーパーの食料品。消費者としては安く買えるに越したことはないが、なかには「どうしてこんなに安くなるんだろう」と首を傾げてしまう商品も少なくない。

 さすがにメーカーから仕入れる既製品は、仕入れ原価で値段が全て決まってしまうように思いがちだが、実際はもっと複雑なカラクリがある。ショッピングアドバイザーの今野保氏が解説する。

「『砂糖』『牛乳』『卵』の3つの生活必需品は、その色から『三白』とも呼ばれ、特売の目玉にすることが多く、原価ギリギリか赤字覚悟で販売している。つまりこれらは“客寄せ”なんです」

“1000円以上お買い上げのお客様のみ卵99円”といった「セット売り」は、特売戦略の基本である。これにこそスーパーの“値付け技術”が詰まっているという。

「たとえば通常200円以上するカレールウを100円で特売する場合“カレーの具”になる玉ねぎやじゃがいも、ニンジンなどを高めの価格に設定する。こうしてスーパーはトータルで利益を生み出す」(同前)

「三白」と同様に、特売品になることが多いのが「豆腐」だ。特売のときなど、いつも買っている豆腐の横に“1丁20円”といった激安の豆腐があれば手に取りたくなるだろう。もちろん赤字覚悟で売り出すお買い得な品物もあるが、あまりに安すぎる商品には注意が必要だ。食生活ジャーナリストの山本謙治氏が警鐘を鳴らす。

「豆腐のなかには、にがりではなく、化学的に精製された『凝固剤』を添加することで、使う大豆の量を半分以下に減らしているものもある。当然、味わいも変わってきます」

 このように“ドーピング”で低コスト化を図っている商品は少なくない。食品表示アドバイザーの垣田達哉氏がいう。

「安価なハム、ソーセージには『インジェクション』(注射)という製造プロセスがある。少量の豚肉でもしっとりとした柔らかさを出すため、粘り気を出す『増粘多糖類』や、増量材ともなる『各種たんぱく質』、結着剤である『リン酸塩』を注入するのです。これによって、ジューシーで、使用する肉の割に多いハムやソーセージが作れる」

 牛肉や豚肉のミンチを立方体状に成型した「サイコロステーキ」や、鶏肉を使用した「チキンナゲット」にも、たんぱく質やリン酸塩が多用されるものは多い。購入時には、商品の成分表示を念入りにチェックしておきたい。

※週刊ポスト2017年2月24日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス