• TOP
  • グラビア
  • 小島可奈子 娘にも「綺麗なうちにヌードを」と言うつもり

グラビア

2017.02.22 07:00  週刊ポスト

小島可奈子 娘にも「綺麗なうちにヌードを」と言うつもり

30歳時の小島可奈子。LAにて(撮影/毛利充裕)

 2006年、女優・小島可奈子が30歳の時に刊行された2冊組の写真集が『MOON&SUN』(撮影/毛利充裕氏、橋本雅司氏。バウハウス刊)だ。この2冊は、ロサンゼルスと、北海道・夕張市で撮影された。当時、初のヘアヌード写真集に挑んだ思い出を、小島本人が振り返る。

 * * *
 この写真集の企画が持ち上がった時、出版社さんからカメラマンの毛利充裕さんを紹介されました。実は私の中では、以前撮っていただいた写真を気に入っていた橋本雅司さんに撮ってもらいたいと考えていたんです。そう伝えたところ、「だったら両方やりましょう」と、2冊組の写真集を出すことになったんです。

 初めてのヘアヌードには当然不安もありました。でも20代の頃は人生やお仕事に迷うことが多く、そうした迷いを拭い去りたかった。だから、ただ服を脱ぐだけじゃなくて、精神的にも自分をさらけ出す覚悟で撮影に臨みました。

 ロスでの撮影は、日差しも気持ちよくて本当に楽しかった。ハリウッド俳優が映画のロケで使うようなトレーラーハウスで砂漠に行ったり、スタッフさんが買ってきてくれた現地の牛丼のお肉の多さに驚いたり(笑い)。楽しい思い出ばかりで、今でも鮮明に覚えています。

 当時はまだ珍しかったデジタルカメラでの撮影でした。写真に写った自分は、普段の自分とは見違えるほどスッキリした表情をしていた。この撮影を経て、自分の性格も明るくなったような気がします。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス